お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

トランクルームでの宿泊は契約違反になる

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > トランクルームでの宿泊は契約違反になる

トランクルームでの宿泊は契約違反になる




荷物を置くには便利なトランクルーム



荷物が多くなってくると、部屋のスペースがどんどんと侵食されていきます。その分だけ対応を考えていかなければいけなくなりますが、ないスペースはどうやっても広がっていくはずがありません。そうなると、処分するという話になってきますが、そもそも購入したものを捨てるということは、なかなかできないという場合もあります。


断捨離などという言葉があったとしても、物を大切にしないというのは、大きな問題です。必要になるような可能性のあるものは、必要な時に使えるようにしておくことが大切といえます。そこで、トランクルームを利用するという方法を考えることで、この問題をクリアすることが可能になります。


さまざまな物をしまっておくことができるトランクルームは、部屋を借りたりするのに比べれば、はるかに安価に使い始めることができます。一時的に保管することができるスペースで、いろいろなものをしまっておくことができるため、部屋にものがあふれていても、簡単に広げていくことができるでしょう。必要なものもすぐに取り出すことができますので、自分の部屋を広げる感覚で使えます。


ビジネスということを考えても、備品のうち、すぐに必要にならないけど大切なものをしまっておけば、随時取り出して使うことができるため、事務所などの利便性を高めます。事務所を広げて使うことを考えれば、驚くほど安上がりです。


1カ月単位で借りることができるため、無駄に経費をかける必要もありません。鍵も掛けることができますし、空調もついている物件があるため収納したものの心配も少なくすることができます。


温度や湿気の変化に弱いものでも収納することができるようになるのですから、有効な手段となっていくことは間違いありません。あまりに快適な環境ということを考えると、住んでしまいたいほど優れています。ですが、宿泊などはできないということを理解しておかなければいけません。



宿泊するのは契約違反



ニュースになることがあるほど、起きることがあるのはトランクルームで人が宿泊するということです。住んでもいいのかと考える人がいますが、絶対にダメなことであり、契約でも禁止されています。宿泊ということに関して言えば、例外はありません。荷物を置くために貸すのであって、住宅として貸しているわけではないのですから当然のことといえるでしょう。


契約の時には、住居としての使用は禁止するという条件が付いているはずです。この契約を破ることになるのですから、契約違反ということになります。


空調設備がつけられているところはありますが、生活するようなためのものではありません。電気などのインフラもありませんし、水回りがないため、炊事洗濯も無理です。トイレもシャワーも当然付けられていないため、生活するのは不可能といっていいでしょう。防犯上の問題から、脆弱な部分となる窓もなく、監視システムも動いています。


こうした環境の中で宿泊し生活するのは、現実的に不可能です。特に監視システムは、有人の監視や巡回もあります。おかしな点があれば、確実にチェック対象となってくるため、すぐに発見されてしまうことになるでしょう。もちろん、契約違反ですので、その後の契約はできなくなる可能性があります。



トランクルームの特性を生かす



もっと有効な活用方法を考えれば、コストをかけずに生活することもできるのが、トランクルームの活用です。大きな場所は借りられなくても、トランクルームも並行して利用すれば、最小限の生活スペースを借りることで生活ができるようになるでしょう。最近では、ネットカフェで住民登録もできるようなところがあります。スペース的に限度がありますので、荷物を置いたりすることができませんが、トランクルームを活用すれば、そこにいろいろと置くことができます。その上で、シャワーやトイレなどもあるようなネットカフェであれば、生活環境とすることもできるでしょう。


そこでは宿泊することもできるのですから、契約違反になるようなこともありません。就職活動をしながら頑張っているような人でも、こうした方法であれば活用することができるようになっていきます。荷物の安全の確保ということもできるようになるため、確実な方法といっていいでしょう。

シェアハウスのようなところで生活している場合にも、荷物の保管に活用することができます。もともと大きなスペースを借りられる場所ではないということを考えると、組み合わせとして有効です。


シェアハウスについては礼金も敷金もいらないことも多いため、借りやすい物件も数多くあります。シェアスペースの問題などもありますが、荷物をうまく管理すれば、快適な生活も送ることが可能です。そうすれば、先述したようなネットカフェで宿泊するという方法よりも、ずっと快適な生活が送れるようになるでしょう。


トランクルームは、宿泊する場所ではありません。荷物を置く場所として考えた場合、大変有効な施設なのですから、もう一歩進めて考えてみるといいでしょう。安全にも配慮され、24時間使うことができるのですから、メリットを最大限生かすことがポイントです。

トップ戻る