お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

トランクルームに服を収納しておく際の注意点

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > トランクルームに服を収納しておく際の注意点

トランクルームに服を収納しておく際の注意点

トランクルームの必要性


最近では核家族化も進んでいますし、過密化が進むことで戸建てよりもマンションやアパートといった狭めの住居を構えている人が多いです。そのため自宅にクローゼットをはじめとした収納スペースが十分に取れていないという人も少なくありません。年中使うものではないものの保管をしておきたいというものはたくさんあります。アルバムをはじめとした思い出の品、スキーウェアやバーベキュー道具などの季節アイテム、コレクションしている品物など捨てることはできないものの、常に自宅にある必要はないですし、スペースを確保するためにもどこか別の場所に置いておきたいと思うものです。
そこで便利なのがトランクルームです。自宅の押し入れやクローゼットの延長として使うことができ、普段使わないものもきちんと保管しておくことができます。必要になったら取り出すことができますから、少し離れたところに自分の倉庫を持つのと同じ状態ができます。荷物の取り出しのたびにお金がかかるわけではなく、毎月の使用料以外には特別な料金は発生しません。自宅を今よりも広いところに引っ越しをすることやリフォームすることに比べると、格段に簡単にスペースを確保することができますし費用も抑えられます。そのため家の広さで悩んでいるという人には、悩みが解決できて便利ということでとても人気です。
そこで特に注目されているのが、トランクルームに服を収納するということです。特に冬物の洋服というのはかさばるものが多くあります。そこで使わないシーズンには自宅に置かず、トランクルームに収納することでクローゼットのスペースを確保します。ただし、このような使い方をするときには注意が必要です。

服の収納での注意


季節の洋服や、喪服やドレスなど特別な日にしか身につけないもの、おさがり用の洋服、来客用の布団など残しておく必要があるものの常に使うわけではないという洋服はたくさんあります。そういったものは捨てることもできないですが、自宅に保管をしておくと意外とスペースを必要とするものです。そこで自宅に置くことが難しいものについてはトランクルームに預けることが便利です。しかし、借りるとなるとどこでもよいわけではありません。きちんと選ぶべきであり、その際には注意点があるのです。
特に注意するべきことがカビ・ダニ・虫食いのトラブルです。カビというのは湿度が高い環境になると発生します。そして、高温多湿になるとダニも繁殖しやすい環境になってしまいます。そこで、このようなカビやダニが発生しにくい環境であることを確認しておかなければ、洋服を取り出した時に着られないような状態になってしまっていることもあります。
トランクルームにもいろいろなタイプのものがあります。屋内型のものと屋外型のものとあり、屋外型ではコンテナを借りるようなものもありますし、宅配サービスをしてくれるところも屋外にある倉庫で管理をして自宅に配送してくれるということもあります。そこで、借りる際にはきちんとどのような施設で荷物の保管がされているのかということを確認することが重要です。こういった情報は事前にホームページで確認できますし、わからない場合には電話で問い合わせれば教えてくれます。費用や管理体制と合わせて環境の確認についても必ず行いましょう。

選び方


屋内型のトランクルームのほとんどは空調管理がされています。そのため衣類を預けてもきれいな状態で保管できることが多いです。ただし、すべての屋内型の施設で空調管理がされているわけではありません。ですから、事前に空調の有無は確認する必要があります。
また、衣類でも毛皮のコートや着物、ウールやシルクなど虫が好むものなどは注意が必要です。エアコンがあれば完璧に良い状態がキープされるとは限りません。施設によっては寒暖差があり結露が出るところもありますし、一定の気温にならないと空調が作動しないというところもあります。そこで、預ける前にデリケートな商品を預けたい場合にはその旨を伝えて確認をしましょう。また、必ずクリーニングをしたりしっかりと乾燥させたりと、虫が出にくい状態にしたうえで収納することも重要です。
また、収納スペースの作り方も確認が必要です。収納としてあらかじめ衣類の収納を意識しているところは突っ張り棒がありハンガー収納ができますが、そうでないところは段ボールに入れて保管をすることになります。冬物のようなかさばる洋服の場合には段ボールに一着しか収納できないということもありますから、ある程度余裕をもって広めの部屋を借りるようにすること、事前に見積もりの数をきちんと出しておくことも重要です。借りてからスペースが足りないということで別のところを借りるのは面倒ですし、契約内容によっては解約料や返金されない利用料が発生することもあります。後から面倒なことにならないようしっかりと注意を払って借りるようにしましょう。

トップ戻る