お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

トランクルームを便利に安心して利用

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > トランクルームを便利に安心して利用

トランクルームを便利に安心して利用

トランクルームの利用を考えよう


生活していく中で、物はどんどん増えていきます。断捨離がブームとなり、生活や人生に不要なものを減らしていき、身軽で快適な日々を過ごそうという動きが高まりました。しかし、捨ててしまったことを後悔してしまったり、思い出の品を捨てなければならずストレスに感じてしまう方もいます。そのような方には、トランクルームを活用することをおすすめします。ひな人形や五月人形、アウトドア・キャンプ用品、衣替えの際の衣類など年に数回しか使わないものをトランクルームに預ければ、自宅にかなりのスペースができます。その空いたスペースに使用頻度の高いものを収納していけば、まさに身軽で快適な日々を過ごすことが可能になります。
実際に利用する前には、契約内容をよく確認しておきましょう。料金の範囲や保険なども考慮して総合的に判断することが大切です。また、トランクルームを使わなくなった時のことも考えて、最低利用期間や解約手数料が発生するのかなども確認します。利用が短期を予定している場合には、支払総額における初期費用の割合が高くなるので、初期費用をいかに安く抑えるかも重要なポイントとなります。

便利なトランクルームの選び方


荷物を預ける場所にもいくつか種類があります。人それぞれ預けたい荷物は異なるので、実際に契約する際には自分に合った場所を見つけることが大切です。まずは、何を預ければよいか考えます。
基本的には、使用頻度が少なく場所を大きく取っているものから優先的にピックアップしていきます。それを見て、次にどのくらいの大きさのスペースが必要か検討します。スペースは場所や業者によって決まっており、ちょうどよいサイズはなかなか見つからないので、荷物量の調整が必要となります。
預けたい荷物が決まったら、次は実際に預けられる場所を探します。インターネットで検索するという探し方が一般的ですが、実際に近所を回って探すという方法もあります。看板などに大きく連絡先が書いてあるので、めぼしい場所を見つけたら電話をして連絡を取るというのも一つの手です。自宅からの距離感や周囲の環境も同時に確認できるため、よりイメージが湧きやすくなります。
また、トランクルームは大きく分けると、屋内に設置してある「屋内型」と屋外に置かれている「屋外型」に分かれます。どちらがよいかは、預ける物によります。分かりやすく例えると「屋内型」は押しいれで、「屋外型」は庭に設置されている物置の様なイメージです。特徴として、屋内型は温度と湿度の変化が比較的少なく、屋外型は温度や湿度の変化が大きく結露などもしやすい状況となります。つまり、ひな人形や家具など、保存状態を重視しなければならないものに関しては屋内型がおすすめです。逆に保存状態を重視しない、車のタイヤや工具などは屋外型でも問題ありません。また、屋外型のトランクルームをバイクの保管スペースとして活用している方もいます。雨や風からはしっかりと守れるので、休日にしかバイクを乗らない方には大変便利です。

利用する際の注意点


トランクルームに荷物を預け放しになっていると、どうしてもトラブルが発生してしまうことがあります。トラブルの内容で最も多いのは湿気によるカビです。空調完備の屋内型に荷物を預けることができれば、さほど心配ありませんが、どうしてもコストや場所の問題で屋外型にしか荷物を預けることができないという場合もあります。そんな時にできる対策がいくつかあります。
カビは結露が原因です。結露は基本的には壁や天井などのコンテナ部分から発生するため、荷物が直接そういった部分に触れないようにすることが大切です。床には直接荷物を置かずに、すのこを敷いてその上に乗せるようにします。また、壁に直接触れないように置きましょう。スペースを有効活用するためにぎりぎりまで荷物を置きたいと思っても、カビがはえて使えなくなってしまっては本末転倒なので、最低でも指一本分は壁から距離をとります。あとは、湿気を防ぐために除湿剤をルーム内に置くことも効果があります。カビは湿度が75%以上になると発生しやすいので、なるべく湿気を取り除きます。
また、利用後に後悔しないために事前に見ておいた方がよい点がいくつかあります。まずはセキュリティの状態について確認しておきます。屋内型では、部屋自体の鍵はもちろん、建物にも鍵が付いている場合もあり、部外者は入ることができないようになっているので、盗難などの発生は低くなっています。屋外型では、コンテナの南京錠のみになっているため、そこを突破されてしまうと盗まれてしまいます。その他セキュリティは、各場所によって異なりますが、防犯カメラの位置や台数はチェックしておいたほうがよいです。全体の入り口にしか防犯カメラがない場合は、抑止力にならないので注意が必要です。
駐車場の有無についても確認が必要です。自宅からの距離がよほど近くない限り、荷物の持ち運びには車が必要となります。なるべく近くまで車を付けることができれば、持ち運びに便利です。

トップ戻る