お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

レンタルボックスの種類やメリット、使い勝手で選ぶ方法とは

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > レンタルボックスの種類やメリット、使い勝手で選ぶ方法とは

レンタルボックスの種類やメリット、使い勝手で選ぶ方法とは



自宅に収納しきれない荷物を保管できる



日本の人口は減少傾向にあり、全国的に空き家率も上昇しているといわれていますが、いざ物件を探して住むとなるとなかなか気に入った家が見つからないのが実情です。東京への人口密集度はまだまだ上昇すると予測されていて、アクセスや周辺環境の条件がよい物件は、驚くほど高い家賃を払わなければなりません。中心部から離れるほどに安くなりますが、それでも十分な間取りはなかなか確保することが難しいものです。


作り付けのクローゼットなどの収納スペースは狭すぎて衣類だけですぐにいっぱいになってしまい、整理ダンスやボックスを置こうにも居住スペースを圧迫することになります。断捨離ブームといっても、思い出の品や大切な趣味のアイテムなどは、捨てるわけにもいかず頭を抱えてしまうこともよくあるのではないでしょうか。


そんなときにおすすめなのがレンタルボックスです。自宅に収納スペースがないためにあふれてしまうものを気軽に収納しておくことができるもので、さまざまな利用の仕方があります。季節ものの家電や服、長期の休みが取れないと使えない趣味の道具、レジャー用品など、いつも手元にないと困るという物以外なら、何を預けても支障はないはずです。


多少なりとも料金を払って預けることになるので、使用する際には自然に本当にいらないものを捨てることになるため、部屋のなかだけでなく全ての所有物を整理することになり、結果として断捨離することにもつながります。


また、仕事などで部屋を留守にすることが多い場合に、価格的にはそれほど高くないとしても、自分にとってはとても大切なコレクションなどが盗難にあわないように保管するという役割も担ってくれることでしょう。レンタルボックスには、いくつかの種類があり、自分の目的や用途、収納量によって選ぶことが可能です。




レンタルボックスの種類と活用法




レンタルボックスには、コンテナボックス、トランクルーム、バイクボックスなどのタイプ別に分けることができます。コンテナボックスは、その名の通り、船や鉄道で荷物を輸送する際に使用するコンテナボックスをそのまま屋外に据え置いて使用するものです。屋外というと雨風の影響が心配されますが、コンテナボックスならではの頑丈なつくりとなっているので、ボックス内部に影響が及ぶことはありません。


収納スペースが広いのが一番の特徴で、大型の家電や家具、スポーツ用品など、ほとんどのものを保管することができます。また、期間限定で海外赴任が決まった際に、家を引き払った後の荷物を保管しておけば、帰国してすぐに元の生活を送ることができます。


仕事で転勤になったり、新築で家を建てたりする際には荷造りが大変です。日頃目につかなかった物の多さに改めて気づき、途方に暮れてしまうことも珍しくありません。新しく住もうとする場所に全ての荷物を搬入することができれば問題はありませんが、間取りや収納スペースが現在居住しているスペースと全く同じであるということはほとんどなく、駐輪場がない場合も考えられます。必要最低限の生活に必要な荷物、家電、家具などを何とか押し込むことができたとしても、全てを収めることができないこともあります。


粗大ごみとして捨てることができるものならいいですが、この先もずっと持ち続けていきたい大切なものは、別途保管することが必要となります。また、転居までに多少期間があって、荷物の置き場所に困る際にもコンテナボックスやトランクルーム、バイクボックスなどを利用して一時的に保管するのにもおすすめです。



使い勝手のいいレンタルボックスとは




レンタルボックスは、単に荷物を収納、保管できるものとして、場所や広さだけで選ぶものではありません。その人にとって大切な品物というのは価値観によってそれぞれ違うものなので、長い年月をかけて集めてきたコレクションは換金価値がないとしてもとても大切なものです。自宅と異なる場所に保管することに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。


なかには湿度や高温を極端に嫌うものもあるでしょうが、物件によっては、空調設備が整ったボックスもあり、劣化させることなく保管することができます。また、セキュリティー対策にも配慮しているところもあり、防犯カメラなどを設置して盗難防止に努めているため、安心して任せることができます。


24時時間いつでも開閉、出し入れが可能な物件もあり、早朝や深夜でも好きな時間に利用することができます。照明や階段などの設備が整っているところは、使い勝手がいいと言えるでしょう。レンタルボックスを使用する前には、このような使い勝手のほか、費用や契約内容も確認しておくことが大切となります。会社によっては、初月無料というキャンペーンを行っているところもあるので、試しに使ってみたいというときにもおすすめです。


また、物件を借用することになるので、通常は保証人が必要となりますが、不要というところもあるので、周りの人に迷惑をかけたり、利用していることを知られたりする心配もありません。全てのサービス内容や物件情報は、ネットで気軽にみることができるので比較検討して最適なレンタルボックスを見つけることをおすすめします。

トップ戻る