株式会社マリンボックス

お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

不要な荷物を保管しておける貸し倉庫の選び方

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 不要な荷物を保管しておける貸し倉庫の選び方

不要な荷物を保管しておける貸し倉庫の選び方



貸し倉庫のある場所



自宅や事務所に置いている荷物や備品の中には今現在は不要になっているものもあることでしょう。こういった品は移動させておけるものであればどこかに一時的に保管をしておきたいものです。そうすれば自宅や事務所をもっと広く利用することができますし、快適さや清潔感も生まれてくるものです。


そんな希望を持っている方にお勧めしたいのが貸し倉庫です。レンタルスペースとも言われていますが、ある一定のスペースを貸してくれるというものです。このスペースに一時的に不要になった荷物や備品を保管することができるのです。


このサービスは以前であれば都市部で多く提供していたものですが、最近では地方でも利用できるようになってきました。そのため周辺でサービスを提供している会社があれば気軽に荷物の移動をすることが可能です。しかしそういった会社は多くあるので、自分に最も合った物件を選択していく必要があります。その際の選び方の基準ですが、まずは場所が重要です。最も適しているのは自宅や事務所から近いところにある物件です。


自宅や事務所の荷物は自分で運ばなければならないので、遠くに倉庫があるとそれだけ時間がかかってしまいます。また再度取りに行く際にも時間がかかり不便です。このように、遠くにある物件はなるべく避けた方がいいでしょう。


しかし、荷物をあるシーズンだけ取り出すという場合や、物件の利用料金がかなりリーズナブルである場合には話は変わってきます。そういった場合にはその荷物の利用頻度をまず考慮に入れ、その次にできるだけ予算に合った物件を選択するという選び方で見つけていくといいでしょう。




収納する品の数を検討する




物件を探す際の選び方の中で物件の大きさを検討しなければならないという点が挙げられます。無駄に大きな物件では料金の支払いが過剰になってしまって損です。また反対にスペースが小さいと荷物を入れる際に無理やり収納をすることになるので、貸し倉庫内が乱雑になってしまいます。


乱雑になるといざ取り出そうという時に探している荷物を見つけるのに時間がかかる場合があります。また他の荷物に傷をつけてしまうことにもなりかねません。そのため、物件を選択する際には物件の大きさについても検討をしていかなければなりません。


物件の大きさを考える時には、まず収納したい荷物の大きさや総量を検討してみましょう。また今後より多くの荷物を収納する可能性があるかどうかについても考えなければなりません。トータルの荷物の大きさを考え、少しだけ余裕のあるスペースの貸し倉庫を借りると無理がありません。実際にサービスを提供してる会社ではさまざまなサイズの物件を取り扱っているので、その中で希望に合ったタイプを見つける必要があります。


物件の多さと同時に考えなければならないのが空調設備が整っているタイプが必要かどうかです。荷物の中には涼しい場所など、温度が常に一定になっている物件でなければ品質の劣化が起こってしまう物もあります。単にリーズナブルな物件を求めようとすると空調がないタイプになってしまいます。温度によって劣化する荷物があるならば、物件は必ず空調付きのタイプを選択しなければなりません。




その他のサービス




貸し倉庫にはそれぞれの業者で異なったサービスを行っているので、場合によっては快適に利用をするためにそのサービスがついている物件でなければならない場合も出てきます。そのため選び方については慎重に行わなければなりません。物件の選び方として頻繁に荷物の出し入れを行うかどうかという点があります。物件の中には24時間利用可能なタイプもあります。


頻繁に荷物を移動する場合にはいつでも気軽に出し入れができなけばなりません。そのため24時間利用可能なサービスを行っている物件を必ず選択しなければなりません。


また、夜間でも作業がしやすいように、夜間照明設備が施されているタイプもあります。夜間の荷物の出し入れでは照明がなければ作業が難しくなってしまいます。そのためこのサービスは必須となります。もちろん夜間に荷物の出し入れをすることはないという場合にはついていないタイプでもいいでしょう。


荷物の出し入れを行う時に、とてもストレスを感じてしまうのが荷物の持ち運びです。物件のある場所まで車で行っても車から貸し倉庫まで移動をするのに時間がかかるととてもストレスになってしまいます。特に倉庫のすぐそばまで車を駐車させることができないと持ち運ぶ距離が長くなるので、作業に時間がかかってしまいます。


万が一荷物が大きかったり重かったりする場合、倉庫の近くまで車を駐車させることができる物件を極力選択するようにしなければなりません。特に荷物の持ち運びの作業が屋外型よりも時間がかかる屋内型の場合にはできるだけ作業が楽にできるような設計になっている物件を選ぶようにしておく必要があります。

トップ戻る