株式会社マリンボックス

お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

中古のコンテナハウスをレンタルしよう

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 中古のコンテナハウスをレンタルしよう

中古のコンテナハウスをレンタルしよう



中古のコンテナハウスをレンタルするメリットとは



近年では収納スペースの少ない住宅も増えています。中には倉庫などを購入する人もいますが、倉庫はある程度高額な価格で設定されていることが多いので、なかなか手を出すことができない人も多いでしょう。こういった時に便利なのが中古のコンテナハウスのレンタルです。


色々な人が利用しており、空きがあれば契約をして使用することができます。では実際に活用することによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。このサイトでは契約を検討している方のためにもメリットについてお伝えします。


まず1つ目は契約の手軽さです。例えば倉庫の代わりに賃貸住宅を契約して使用している人もいますが、賃貸住宅などを倉庫代わりにすると契約をする時に面倒なことが多々あります。その中でも面倒なのが保証人の有無です。自分の親に保証人として頼んだり、兄弟に頼んだりしなければならないこともあります。賃貸住宅では必須条件になりますが、コンテナハウスでは保証人の有無の面倒な契約は存在しません。


基本的には身の回りに保証人を頼める人がいなくても気軽に申し込むことができ、審査等もそれほど厳しくはありません。支払い能力がある人なら契約をすることができるので魅力的です。


続いて2つ目のメリットは色々な収納スペースに活用できることです。中古のコンテナハウスと言っても色々な種類を取り扱っており、外に設置するタイプもあれば室内に設置されているタイプもあります。それぞれ大きさも異なりますが、例えばアウトドアに必要な大きな荷物を預けることもできますし、雨に濡れてはいけない楽器類なども室内を利用すれば収納することができます。また、バイクなども保管することができる収納スペースも存在しているので、色々な用途で活用することができます。


3つ目は24時間いつでも利用できることがメリットとして挙げられます。用途によっては夜中に荷物を取り出したい人もいますし、休日に荷物を取り出したい人もいます。こういった人でも快適に利用できるように24時間無休で使用できるようになっているので、日によって荷物を取り出すことができないとなることはありません。このように、メリットは多いので、利用者もコンテナハウスも急増しています。




コンテナハウスはどのタイプを選ぶ?




コンテナハウスの利用を検討している人は多いものですが、種類も多いのでどれを選んだらいいのか分からないという人もいるでしょう。選ぶときにはチェックしておきたいポイントがあるので紹介をします。


まず1つ目のポイントはカギがしっかり取り付けられているところを選ぶようにしましょう。基本的には取り付けられているところが多いですが、必ず取り付けられているとは限りません。特に大切なものを預けるという場合には重要なポイントになるので、安全に保管するためにもカギが設置されているかどうかを事前に確認しておきましょう。


続いて2つ目は空調設備が取り付けられているかをチェックしておきましょう。空調設備は付いているところと付いていないところが存在しています。預ける荷物によって必要ないということもありますが、例えばデリケートな木材の製品などを預けたいという場合には空調設備が整っているところを選ぶことが大切です。場所によっては湿度管理や温度管理をしているコンテナハウスもあるのでデリケートな製品を扱う場合は知っておくといいでしょう。


このように、ここでは選び方について解説しましたが、快適に使用するためにもどのタイプを選ぶかは重要です。色々なタイプがあるので、悩んでいる人は事前にここで説明した内容などをチェックして、預けたい荷物に合うコンテナハウスを選ぶようにするといいでしょう。




どこの運営会社を選ぶ?




コンテナハウスには運営会社が存在しており、全国にいくつもあるので、どこで契約をすればいいのか迷うことでしょう。できる限りスムーズに納得のいくサービスを行っているところを探すためにもチェック項目がいくつかあるので紹介します。


まず1つ目はオンラインでの契約が可能な運営会社かどうかをチェックしましょう。例えば休日や夜間しか申し込みをすることができないという人もいるでしょう。運営会社は休業日もあるので、休日や夜間に契約を申し込みたい人はオンラインでの契約が可能なところを選ぶとスムーズです。実際にオンラインなら店舗に出向く必要もなく手間もかからないので魅力的です。


また、コンテナハウス内での作業がしやすいように工夫して作られているかもチェックしましょう。例えば照明や固定階段など夜に作業する時やコンテナハウス内で作業する時には必要なアイテムになります。使い勝手が悪いとスムーズに荷物を取り出すことができないので、なるべく使いやすいように照明や固定階段などを用意して工夫している運営会社かどうかもチェックしておくといいでしょう。

トップ戻る