お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

低予算で始められる低リスクのトランクルーム投資

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 低予算で始められる低リスクのトランクルーム投資

低予算で始められる低リスクのトランクルーム投資



資産運用としてのトランクルームの活用



資産を運用していくということはとても重要な意味があります。その中でも、土地の活用について考えると、眠らせておくだけではもったいないという考えが出てくるでしょう。土地には固定資産税がかかるので、そのままにしておいてもメリットがありません。そこで、運用ということが重要な意味を持ってきます。


一つの考え方として、土地に何かを建てて運用するということが挙げられます。不動産投資がその主な方法となります。マンションを建てたり、アパートを建てたりしてこれを貸すことによって、家賃収入を得る方法です。しかし、踏み切ることができない人のほとんどは、その資金繰りに不安を抱えていることでしょう。マンションもアパートも、少ない資金ではなかなか建てることができません。さらに、家賃収入が基本となってくるため、借りてくれる人がいなければ、立地条件によっては収入を得ることが大変難しくなってしまいます。


そこで、トランクルームを使った投資というものが増えてきました。少額の資金でも始めることができることから、徐々に拡大してきている方法です。既に建物が建っている場合には、さらに低リスクでチャンスを広げられることもあります。使っていない資産があるのであれば、有効に活用できる手段となるでしょう。




建物があれば屋内型の投資として




そもそもトランクルーム投資とは何かといえば、空きスペースを貸し出し利益を得るというものです。パーテーションなどで室内を区切り、トランクルームとして貸し出しをします。この賃料を得ることで、リターンにしようという考え方です。注目するべき点は、少資金で出来るということにあるでしょう。つまり、リスクが少ないということになります。


実際にトランクルームには、屋内型と屋外型が存在し、それぞれにメリットがあるのが特徴です。屋内型は警備システムが整っていることが多く、空調設備も整っていることが多いため、デリケートなものを補完するのに向いています。屋外型は屋内のものよりも収納スペースが大きいものとなっています。


屋内型のトランクルームは自由に出し入れすることができる一方で、賃貸借契約を結ぶことによって、管理責任が契約者になるということが大きな意味を持ってくることになるでしょう。住居スペースを契約するわけではないので、借地借家法は適用されません。つまり、返却をしてほしい時には、契約にうたっておくことができるということです。この辺りも一般の不動産投資と明らかに違う部分と言えます。その分だけリスクを低減することができると考えられるでしょう。


当然のことですが、家賃収入よりは1案件あたりの収入は下がります。しかし、手間もかからず、細かく分けて貸し出すことにより空室率のリスクを下げることができるため、安全な投資と言えます。利回りも増えることになり、実際に契約者も増える傾向が見られます。


管理体制を厳しくしなくても済むため、オーナーとしての負担が下がるのも重要です。トラブルに関しても、人が住むわけではないので、確実に少なくなるでしょう。自分たちでこうした物件を作ることができなくても、トランクルーム専用の会社と提携すれば、代行も依頼することができます。提携をすることによって安定した収入を目指すことができるようになり、投資としても確実にメリットが得られるようになります。




更地でも資金を抑えつつ屋外型を建設できる




更地の場合であれば、屋外型を考えるのも一つの手です。コンテナボックスなどを使う方法ですが、いろいろなサイズを利用することができます。屋外型の場合、大型の荷物を保管する目的が多く、自宅では収納しづらいようなものを収納することが増えるでしょう。そのため、長期的な利用を考えやすいタイプとも言えます。


一般的に建物を建てる場合には、大きな投資が必要となりますが、トランクルームにするのであれば、そういった投資金額は必要がありません。なぜならば、建物を建てるための地盤対策をする必要が無かったり、高さを考えたりする手間が無いからです。セキュリティなどの対策や駐車スペースは必要ですが、ある程度自由に建てることができますし、トランクルームとして耐えられる地盤を作ればいいだけなので、非常に安価でスタートすることが可能となります。


工事をするとしても、期間を短く抑えることができるので、費用負担はさらに下げることができるでしょう。電気工事は必要ですが、ガスや水道の工事は不要です。余計な費用が消えていくわけなので、投資として考えても、利回りの向上に寄与することになります。


さらに立地条件も変わってきます。人が住むための立地条件とは異なり、物を車で運んでくることが主になるからです。駅から徒歩10分以内が限界といったこともありませんし、ある程度自由に選択もできるようになります。安心して貸し出しもできるようになるので、突き詰めていけばいくほど安定した土地活用であり、メリットの多い投資になると言えるでしょう。

トップ戻る