株式会社マリンボックス

お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

低料金で使うことができる費用対効果も高い貸し倉庫

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 低料金で使うことができる費用対効果も高い貸し倉庫

低料金で使うことができる費用対効果も高い貸し倉庫



身軽に使える貸し倉庫



収納するスペースはどこでも限られているのが現状です。無尽蔵にものを蓄えておくスペースはどこにもありません。特に首都圏となると、こうしたスペースの確保は難しく、個人でも企業でも苦しいのが現状でしょう。新たにスペースを確保するとなると、それ相応の費用が必要となります。経費削減を叫ぶ企業としても、個人でも、メリットがどこまであるのか疑問視してかからなければいけません。


経費削減ということでは、貸し倉庫の活用ということも考えられます。初期投資を格段に抑えることができる料金設定は、企業でも個人でも大きな魅力です。倉庫を購入するとなれば、莫大な費用が必要でしょう。それに比べて、貸し倉庫の料金は本当にわずかなものです。収納する荷物の量にもよりますが、確実に活用していくことができるのは間違いありません。倉庫をつくるとすると、土地代だけではありません。倉庫を建築する費用が必要であり、その倉庫を維持管理していくことも考えなければいけないでしょう。管理者の費用も掛かりますし、修繕費用なども計上することになります。こうしたランニングコストの増大は、倉庫を維持することの足かせになることは間違いありません。


その点において、貸し倉庫というのは身軽です。イニシャルコストがほとんどかからないということもありますが、ランニングコストの心配もいらないということが大きいでしょう。一時的に借りるという使い方もできます。長期的に必要ではなくても、短期的に倉庫が欲しいということもあるはずです。そんな時でも、貸し倉庫であれば、低料金で十分に対応することができるのは、企業にとっても大きなメリットとなるでしょう。




個人でも十分使える



個人で貸し倉庫を利用するということも、十分なメリットがあることです。小さなものから大きなものまで、さまざまな対応ができる貸し倉庫の場合、引っ越しやリフォームといったときに使うと効果が大きいでしょう。


一時的に荷物を預けることができるため、仮住まいに持っていく必要もありません。引っ越し先にスペースがない場合でも、貸し倉庫を使えば荷物を処分しなくても済みます。急に引っ越さなければいけないときでも、一時的に預けておけば、必要な時に取り出すことができるようになるでしょう。こうすることで、引っ越しにかかる費用も抑えることができ、リーズナブルに活用することができるようになります。


また、季節ものの収納場所に困ったということも利用の目的であり、スポーツ用品を収納しておけば、家庭で邪魔になることがありません。スキーやスノーボードだけではなく、サーフボードなどは、大きくて場所をとります。最近では、サイクリングにはまっている人も多くみられますが、やはり場所が必要です。貸し倉庫をうまく利用することができれば、困ることなく趣味も楽しみやすくなるでしょう。


もっとかさばる大きなものの例として、車のタイヤもあります。スノータイヤは、冬しか利用することはないでしょう。ですが、そのまま屋外に置いておけば劣化させてしまうだけですし、家庭内に置くには大き過ぎて場所をとってしまうことになります。こうしたタイヤも、貸し倉庫をうまく使えば、劣化させることもなく、使いたいときが来たらすぐに取り出すことができるのですから、大きな活用方法となるでしょう。しっかりと管理しておけば、また購入する必要もなくなりますし、他のものと一緒に収納して料金の節約をすることもできます。効率よく使えば料金がとても安いものに感じることができます。




どんなところなのかも確認を




貸し倉庫は、その地域によって価格が異なります。これは、地価の問題があるためです。郊外の倉庫を借りると、かなりリーズナブルな料金設定になっていることがわかるでしょう。


ちょっと離れた場所で探すだけで、驚くほどリーズナブルに利用することができることを考えると、もっと活用しやすくなるはずです。これも、余っている土地を活用する方法のひとつだということになるでしょう。場所によって、設備に違いがあります。車が横付けできる場合もありますので、重いものを収納したいというときには、条件なども加味して探すといいでしょう。


中には、バイクをしまうことができる場合もあります。愛車を管理する場所がないといった場合でも、貸し倉庫を使えば安心して保管することが可能です。海外の大型バイクでも入れられる場合もありますので、スペースの大きさも確認することが大切になってきます。


大事なものを預けておくことができるのが、貸し倉庫のポイントです。中には収納することができないものもありますが、うまく活用すれば、費用対効果も優れているのは間違いありません。企業でも個人でも、物を捨てるということだけではなく、新たなスペースを活用するということを考えてみるべきでしょう。安全で比較的低料金で利用することができるのですから、きっと助けになるはずです。

トップ戻る