お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

利用方法や料金相場を理解してトランクルームを利用しよう

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 利用方法や料金相場を理解してトランクルームを利用しよう

利用方法や料金相場を理解してトランクルームを利用しよう

あまり使わないものはトランクルームに収納する


使用頻度が高くないものの、取っておきたいものもありますが、そのようなものを置いておくだけでは、保管スペースを無駄にしてしまいます。保管スペースに余裕があれば良いですが、余裕がないのに置いておくだけでは、次第に他のスペースも保管するために使うようになってしまうでしょう。そうなると、普段使えるスペースが狭くなってしまい、日常の行動にも支障が出るようになってしまいます。そのような状況を避けるために、思い切って処分するという方法もありますが、処分できないものについては、トランクルームに保管すると良いでしょう。
トランクルームは、荷物を置くためのスペースを貸してくれるサービスです。一定の広さのスペースを、決められた料金で借りることができます。利用規則を守っていれば、自由に借りたスペースを自由に使うことができます。季節ごとの荷物を出し入れして家の中を広く使ったり、引っ越しやリフォームする時に一時的に荷物を保管したりすることも可能です。個人だけではなく、会社内の荷物を一時的に保管する場所として使うことができます。使い方を工夫すれば、自宅や会社の限られたスペースを有効に使うのに役立ちます。他にさまざまな使い方ができるので、使わないものを外に出して保管できないか、検討してみると良いでしょう。
近年、利用者が増えたため、たくさんのトランクルームが営業しています。料金相場などもありますが、まずどのようなスペースに保管することになるのか、どういった使い方ができるのかなどを理解してから、利用するようにしましょう。

トランクルームとは?


トランクルームは倉庫業者が運営し、荷物を預かって保管する寄託契約に基づくサービスで、預かった荷物については業者が責任を持って管理してくれます。運営するには倉庫業法による認可が必要となります。セキュリティもしっかりとしていて、保管物を出し入れする際には、業者の立ち合いが必要となるため、利用時間が決まっているなどの制限はありますが、きちんと荷物を預かってくれるサービスです。
倉庫業法では、建物や設備などと管理や運営に関して、所定の要件を満たすことが義務化されています。要件を満たした業者には、優良トランクルームであることを認定するマークが与えられるので、利用する際にはマークの有無を確認すると良いでしょう。認定マークは、事務所や資料などに掲げられていますが、似たようなデザインのマークもあるので注意が必要です。
荷物を保管する場所は、ミニトランク・ストレージ・クローゼットなど、業者によって種類が違います。建物の内部をパーティションで区切り、収納スペースを作ったタイプが有名です。建物の内部の荷物を保管するので、天候などに影響されることがありません。人が出入りできる建物を使用していますが、出入り口の管理はしっかりとしているので、許可された人しか入ることはできません。倉庫の内部にコンテナを並べたのが、ストレージです。広い倉庫でも利用者専用のコンテナが用意されているので、問題なく荷物を預けることができます。軽量鉄骨の建物内に、部屋ごとのパーティションで区切られたスペースに収納するのが、クローゼットです。このような種類や場所になどに応じた料金相場があることを、理解しておきましょう。

レンタル収納スペースやコンテナにも荷物が収納できる


トランクルームのサービス内容や料金相場を調べて、利用したいと思えるものが見つからなかった時は、レンタル収納スペースやコンテナなどのサービスの利用も検討してみましょう。トランクルームという言葉が普及したために、一時的に荷物を置くスペースを貸すサービスは、全てトランクルームだと思う人もいますが、厳密には違うサービスです。
レンタル収納スペースやコンテナは、不動産賃貸業者などが運営し、利用する人が借りたスペース内で自分の荷物を収納する賃貸借契約に基づくサービスとなっています。そのため、倉庫業法の適用は受けませんし、業者による荷物の保障もありません。収納した荷物の管理は利用者自身の責任で行うことになりますが、荷物の出し入れに業者の立ち合いが不要となるため、好きな時に利用できるというメリットがあります。レンタル収納スペースやコンテナでも、雨や風などの影響を受けずに荷物を保管できるので、利用を検討してみると良いでしょう。一般的には、レンタル収納スペースやコンテナの方がトランクルームよりも、料金が低めに設定される傾向があるので、安い費用で荷物を収納したい場合はおすすめです。
収納スペースを提供するサービスは、種類や業者の数が豊富なので、どこを使えば良いか迷ってしまうこともありますが、手軽に収納サービスを探せるWEBサイトを利用するのが便利です。収納タイプ・住所・サイズ・料金などを指定して検索できるので、希望するサービスを簡単に見付けることができるでしょう。

トップ戻る