お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

利用者が多く快適な使用ができるコンテナハウス

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 利用者が多く快適な使用ができるコンテナハウス

利用者が多く快適な使用ができるコンテナハウス



コンテナハウスとは



自宅にある荷物がどんどん増えてくと収納がうまくできず荷物が乱雑になってしまいます。また収納のための家具を新たに購入しなければならなくなることもあります。荷物が多くなった場合には処分をすればすっきりと片付きますが、思い入れのある品などは捨てたくはないものです。


また、会社や個人の事務所では備品などを含む荷物が多くなると快適に業務を行えないこともあります。だからといって大きな事務所を借りたりするのはコストが多くかかってしまうので避けたいものです。このように部屋や事務所のスペースに対して荷物が多すぎるといろいろと不都合があります。そんな時には他の場所を借りて、そこに荷物を一時的に保管するという方法をお勧めします。


空きスペースを借りることによって今現在不要な荷物を移動させ、部屋や事務所をすっきりさせることができます。これによって掃除や収納がきちんとできるので、より清潔感を感じることができます。今ではこのサービスを提供している会社が全国で多くなってきています。


以前は都市部だけで行われていたサービスですが、最近ではいろんな地域で見られるようになりました。コンテナハウスは中でも丈夫なコンテナを提供しているので、防犯面でも安全ですし、また雨や日光といった荷物を変質させる原因からも荷物を守ることができます。


コンテナを借りて荷物をそこに保管することができるサービスですが、シーズンに関係なくいつでもサービスを受けることができ、利用者も意外と多くいます。個人での使用であればシーズンによって使用しない品を保管するといった使い方ができますし、会社では一時的に不要な備品を保管することが可能です。またコンテナの中に品を入れておき、必要な時にはそこから取り出すという使用方法も可能です。




便利な使用方法について




個人使用でも法人使用でもいろんな使い方ができるのがコンテナハウスのメリットです。具体的にどういった使用方法ができるのでしょうか。まず個人使用についてですが、シーズンごとに使用する品を保管する方法は実際に利用している方が多いです。例えば夏に使用するマリンスポーツのアイテム、冬で使用するスキー一式などは大きいものが多く、部屋に置いておいても場所を大きく取ってしまいます。


それなら必要のない時にコンテナの中に保管をしておけば部屋がすっきりして快適になります。また大きすぎて保管できない自転車などもコンテナの中に入れておくということが可能です。


法人での利用でもコンテナはとても便利に活用が可能です。備品の中には一時的に不要になっているものもあるものです。そんな品は事務所に置きっぱなしにしないでコンテナの中に入れておくことで事務所がすっきりしますし、業務をより効率よく行っていけるようになります。また時々使用するような備品をあえてコンテナの中に保管する方法もあります。使用する際にコンテナから取り出して使うというやり方もいいでしょう。


コンテナはいろんな活用法があるので、一度レンタルをすればきっと快適な暮らしや業務を実感することができることでしょう。今ある部屋や事務所の大きさを早急に変えることができない場合、コンテナを利用すれば問題を解決する事が可能です。




利用までの流れ




コンテナハウスを利用したいと思ったらその方法をまずは知っておく必要があります。コンテナの利用はいろんな会社が行っていますが、多くはネット上で手続きをすることができます。ネット上での手続きは基本的に24時間対応しているので、法人では特に便利に感じるのではないでしょうか。まずは登録を行いますが、これはウェブ上で行うことが可能です。今後コンテナを利用しようと思っている場合にはあらかじめ時間があるときに登録作業を行っておくといいでしょう。


登録後には実際にコンテナを選択することができます。それぞれコンテナは場所が異なっています。自宅や会社からできるだけ近い場所にある物件を選択することが重要ですが、あまり頻繁に出し入れするような品がない場合にはリーズナブルに利用できるコンテナを選択してもいいでしょう。コンテナはそれぞれで利用料金が異なっています。またサイズも違うものです。多くの品を収納したいという場合には大き目のコンテナを選ぶと快適に利用していくことができます。


支払いについては会社によって異なっていますが、振り込みやクレジットカード決済を採用しているところが多いものです。申し込みを含めて決済も簡単に自宅や事務所からできるので、実際の利用までは簡単に進んでいきます。これまでコンテナを利用したことがなくても問題なく手続きは完了することでしょう。


場合によっては好みの物件がレンタル中になっていることもありますが、この場合予約をしておくと、現在利用中の方が契約を終えた時点で利用をすることができます。もしくは似たような物件を選択してもいいでしょう。

トップ戻る