お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

土地活用をするにはトランクルーム経営を

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 土地活用をするにはトランクルーム経営を

土地活用をするにはトランクルーム経営を

トランクルームとは



一般的にトランクルームとは普段使用しないような荷物を一時的に預けることができる貸スペースのことをいいます。中に入れることができるのものとしてタイヤや家電、衣類など家の中に保管するには場所を取るようなものを保管するために使用されます。


これは大きく2つに分けることができ、荷物や物品の管理まで行うトランクルームと、荷物を預けるスペースを貸すレンタルスペースに分けることができます。レンタルスペースは屋外型と屋内型が存在します。屋外型のレンタルスペースはコンテナの箱を用意してその箱全てを利用者へ貸すことができます。コインロッカーの箱版だとイメージしてみると分かりやすいでしょう。屋外にあることのメリットは駐車場を目の前に設置しておくことでドアtoドアを実現することができることです。また2階建てのコンテナを用意しておくと1階を駐車場にして2階を収納スペースにすることで雨の日でも濡れることなく利用することができるようになります。


屋内型のレンタルスペースは建物の中が仕切られていて部屋のようになっています。一つのコンテナで多数の契約を取ることができるのでコストパフォーマンスが良いのがメリットですが、一つ一つの大きさがそこまで大きくないので収納スペースが十分に確保できないという点がデメリットとして挙げられます。


トランクルームを始める人の多くが、所有していてるけど使っていない土地活用を目的としています。なぜ使っていない土地は放置しておかないのでしょうか。それはただ更地として所有しておくだけで固定資産税がかかるからです。何かを建てようとしてもその土地の需要や周辺住民との兼ね合いも出てきます。トランクルームなら高さ的に問題とされることもないですし、周辺に迷惑がかかることも少ないため、周辺住民から反対されることはあまりありません。更地で放っておくことよりも土地活用術としてトランクルームを始める人は近年増加傾向にあります。




契約方法



トランクルームを利用したい人と、所有者であるオーナーとの契約方法は様々です。契約方法によって同じトランクルームという名前でもトランクルームとレンタル収納スペースに分けられます。レンタル収納スペースを賃貸する場合は賃貸借契約となります。賃貸借契約はアパートやマンションの賃貸契約と一緒で、そのスペースを貸すことをいいますので、荷物を預けるスペースを貸すこととなり、事業者登録が不要となるためオーナーの負担が軽減されます。また、運営者は個人でも法人でもできます。トランクルームの中でもレンタルスペースを提供する場合は賃貸借契約となります。


トランクルームの中でも大きな倉庫を利用したものの場合は寄託契約となります。倉庫を利用したトランクルームは倉庫業法で登録が必要となっていて、運営者は倉庫業者でなければいけません。倉庫業法で決められた業者は国土交通省へ登録を行い、許可を得る必要があります。寄託契約では荷物や物品の管理まで責任を持つところがレンタル収納スペースと異なる点です。




必要な設備投資



いくら土地活用を狙ってトランクルームを始めてもコンテナを用意するだけではお客さんは利用してくれません。付属する施設や設備の整備を行わなければお客さんに喜ばれるトランクルームにはならないのです。


まず必要となるのは駐車場です。田舎の広大な土地でコストを抑えたいと考えている人は、そのままの状態で駐車場を整備しないこともあるのではないでしょうか。しかし、利用者の立場から考えると、コンクリートでしっかりと整備されている駐車場と、雨が降ったらぬかるんでしまうような駐車場では選ぶポイントとして差が出てきてしまいます。できるだけコンクリートで駐車場を整備してあげることと、トランクルームへのアクセスをしやすくしてあげることで雨の日でも利用しやすくなります。


また、看板の設置も大切です。看板は利用者集客用ツールの一つでもありますが、利用者自身も看板を掲げている施設は信頼がおけます。看板や案内がなく人目につかないように運営されている倉庫だと、何をしている施設なのかと詮索してしまう人も少なくありません。看板はできるだけ目立つように出すことで利用者を集めることにもつながります。


夜には電灯を設置してあげることで利用者が使いやすくなります。周りに住宅や街灯があれば違いますが、使っていなかった土地ということもあり、周囲に何もない場合もあります。そういうところでは夜になると何も見えなくなることがあるので防犯面を考えても電灯の設置は必要でしょう。


そして最後に監視カメラです。監視カメラを設置することで防犯面をさらに強化することができます。防犯面で一番の対策としては警備会社と契約をし日夜問わずパトロールをしてもらうことも一つの方法ではないでしょうか。土地活用をするときにはいろいろと施設面で足りないこともありますが、外部サービスと提携することで自身の負担も少なくすることができます。

トップ戻る