お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

気軽に収納できるメリットがある屋外型トランクルーム

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 気軽に収納できるメリットがある屋外型トランクルーム

気軽に収納できるメリットがある屋外型トランクルーム



屋外型のメリット



トランクルームと一口に言っても、実際は室内に収納するタイプと、外にコンテナがあってその中に収納をするタイプとに分類されます。このうち外に収納するタイプの利点というのはどういった所にあるのでしょうか。


まず車を直接コンテナの横や近くに駐車できるという点です。屋内収納タイプは屋内にあるボックスまで収納物を運んでいかなければなりません。重い荷物や大きい荷物などになると、運ぶ作業がハードになってしまいます。女性1人では難しい場合もあるでしょう。対して外にコンテナがあってそこに収納するような場合、収納場所はすぐ近くなので簡単に収納物を運ぶことができます。反対にコンテナの中から収納物を取り出して車に積み込む作業もとてもスムーズで簡単です。女性だけでも作業は容易になります。そのため、収納したい荷物が重い場合には外に収納するタイプを選択した方がいいでしょう。


外に収納をするタイプのもう1つの利点は料金です。屋内収納タイプに比べると割安なので、毎月の利用料金を抑えて使用することができます。外に収納するものとして適しているのは、気温の変動による影響を受けにくい品物や、バイクなど重量がある品物です。こういった荷物を収納したい場合には外に置かれているコンテナを選ぶことをおすすめします。また外に収納するタイプも物件によって料金が異なっています。そのためさらに割安で利用をすることもできます。


外に収納をする際には防犯面で気になるという方もいるかもしれませんが、コンテナ自体は分厚く壊すことができないものです。また防犯対策をしっかり行っているところだと安心してサービスを受けられるでしょう。何よりもリーズナブルに利用をすることができる点は外に収納するタイプの最大の利点ですし、活用するときっと快適さを感じることでしょう。




屋内型と屋外型の比較




トランクルームは自宅や事務所にある様々な収納物や備品などを一時的に他所に移動させておくためのスペースですが、屋内にあるタイプと外にあるタイプがあります。これらはそれぞれ違いや特徴がありますが、利用する方によって向いているタイプが異なっています。お得に利用をするためにはそれぞれの違いを理解し、どちらが向いているのかを確認してから利用していくことが大切になります。


まず屋内型ですが、これは建物の中にスペースがあり、そこに収納物を収納するタイプになります。これは建物の中にあるので何よりも防犯面で安心感が得られます。外に置いているコンテナよりも屋内にある部屋のほうが安心感があるという方は屋内型がよいでしょう。


しかし外にあるタイプも頑丈なコンテナなどに収納するので、防犯面においてさほど不安はありません。また屋内型では温度の変化による収納物への影響が少ない点が大きなメリットとなります。収納したい物の中にはデリケートなものもあるでしょう。そういった収納物を保管しておきたいという方は屋内型を選択するといいでしょう。


外にあるコンテナを利用するタイプでは、何よりも利用料金がリーズナブルなのが最も大きな利点です。収納物に関して外に保管しても大丈夫なものであれば、外に保管するタイプを選択するのがおすすめです。また収納するアイテムが重かったり大きかったりすると、屋内型では持ち運ぶ作業がハードになります。外に収納するタイプは車をコンテナの近くに駐車できるので作業が楽になります。この点も利点となっています。重量のある荷物は外に収納するタイプに保管した方がいいと言えるでしょう。




メリットがある屋外型の利用




シーズンによって使用しないようなものなど、自宅に置いておいても邪魔になってしまうようなものは他所に保管することで自宅をすっきりと保つことができます。トランクルームは不用な品を収納することができる便利なサービスですが、屋内型もあれば外にコンテナが設置されており、その中に様々な荷物を収納するものもあります。このうち初心者の方でも気軽に利用できる外のコンテナに収納するタイプは、利点を活かすためにどのような利用をしていったらいいのでしょうか。


外置きタイプのコンテナは様々な場所にあります。しかしどの場所のものでもいいわけではありません。自宅にある荷物を収納する場合には、自宅からできるだけ近い場所にあるコンテナを選択した方が交通費の節約になります。ただ、不便な場所にあるコンテナの中には通常よりも低価格で使用できる場合もあります。頻繁に収納をしたり、品物を出し入れしたりしないような方はこういったタイプを選んだ方が料金の節約につながる場合もあります。


さらにコンテナはそれぞれ物件によって大きさが異なりますし、料金も違います。収納物の量などを考えて、きちんと収納できるだけのスペースを確保することが大切です。収納物を無理に入れないと収納できないようなコンテナを選んでしまうと、荷物を取り出す時に容易に作業ができないのでストレスを感じてしまうことになります。この点にはよく注意をしなければなりません。


外置きタイプは収納する際に非常に便利なので、外の温度の変化などで影響を受けないような品物を収納する場合には特におすすめです。

トップ戻る