株式会社マリンボックス

お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

法人ならではのトランクルームの活用法あれこれ

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 法人ならではのトランクルームの活用法あれこれ

法人ならではのトランクルームの活用法あれこれ




法人の皆様にも人気のトランクルーム



全国各地の至る場所で視界内に飛び込んで来るトランクルームは、その幅広い用途への対応が可能な使い勝手の良さで、私達一般家庭の少し離れた安全な倉庫的な立ち位置として、その市場は現在も日々成長を続けています。例えば、ご主人のコレクションの保管場所として、あるいは転居などに際し、物理的に新居への搬入が困難な家財道具の一時保管先としてなど、利用者にとって非常に優れた自由空間です。そのため、日々新たな利用者が増加傾向を見せ続けているのも納得です。


さらに見逃せぬメリットとして、単なるコンテナ的な大きな器とは違い、照明設備や通路面の充実、更には防犯カメラの設置に至るまで、自宅での保管よりもむしろ環境面と安全面双方において格段に優れていることも見過ごせません。これらの施設が全国各地に登場する以前であれば、新たに1部屋を賃貸契約で確保してから、保管したいアイテムを搬入するスタイルが一般的でしたが、賃料の負担の大きさだけでなく、無人の部屋での保管という安全面のリスクに不安が残るデメリットが避けられませんでした。しかし、この優れた施設の登場は、私達にとって待ち望んだ画期的な出来事と言っても大袈裟ではありません。


こうした個人での利用に視線が向きがちですが、昨今では多くの企業契約利用者が各々にとってベストな独自の活用を通じ、事業の効率アップを実現させています。だからこそ、現在自社在庫やその他の保管場所の確保に困っている企業の皆様は検討してみてはいかがでしょうか。この機会に、踏まえておいていただきたい情報を確認し、各社内でご検討の上、さらなる営業効率のアップを通じての利潤追求に繋げていきましょう。




法人契約歓迎の業者に着目




全国各地に点在するトランクルームですが、その運営管理スタイルは大きく分けて、全国展開を進める企業による場合と地域密着の単一施設である場合に分けられます。これは、他の各種サービスを提供する施設に共通しています。1ヵ所だけを利用するだけであれば、特に前者後者の違いが何らかの影響を及ぼすとは考えられません。但し全国展開中の法人が、各支社や支店単位で最寄りの施設を活用したい場合、自ずと全国展開を進める企業の中から候補先を絞り込む必要があります。


預け入れる在庫、あるいはその他自社保有動産の種類にもよりますが、支店ごとに利用料金が異なる業者が各々との利用契約するとなれば事務処理面の負担も大きくなります。さらには、各施設の保管能力すなわち設備内の環境にも差が見られた場合、後々何らかの不具合が発生する潜在的リスクが見過ごせなくなります。企業単位での今後の活用を視野に入れられるに際しては、自社と施設を運営する業者側のマッチングを含め、より幅広い視点から候補先をリストアップされる事をおすすめします。


ちなみに、インターネット上では全国各地でトランクルーム事業を展開中の業者関連情報を収集することが出来ます。利用を希望される地域を始めとする希望条件を入力する検索作業はもちろんの事、各地の施設の外観や設備内容、利用料金や規約など、比較検討に必要な情報の収集が可能です。特に自社で新たに倉庫を構える際、必要不可欠な先行投資を大きく抑え、臨機応変な利用が叶うレンタル保管スペースの活用は、幅広いジャンルの企業にとって見過ごせぬ経営戦略の1つとなっています。




自企業施設の1つと捉えて



全ての企業として理想的な社内環境は、やはり自社物件プラス自社保有の社宅などの住宅施設、そして倉庫や十分なストックスペースの常備です。ですが、現実問題として資金面や場所の確保など、実際にはクリアが非常に難しく、極めて限られた規模を誇る法人に限定されてしまうのが現実です。


多くの企業は、いわゆる貸倉庫や賃貸契約による従業員住居を確保することで対応しています。特に貸倉庫に関しては自社施設からのアクセスや、貸倉庫という建物の特性が自社の大切な動産の保管に十分に対応出来ておらず、不安が拭えない状況下に置かれている企業も少なくありません。安全と快適環境を必要とするのは、企業にとっての財産である人材のみならず、在庫商品にも共通しています。


トランクルームは個人単位の利用者だけではなく、法人が一定単位で中長期的に継続利用する保管スペースとしても、確かなニーズに応える施設として多く利用されています。先述の単なる倉庫では不十分な、防犯システムや十分な搬入出用の通路の確保など、預け入れる動産や出入りする利用者の安全性にも十分な配慮がされた保管施設として、日々全国各地で新たな施設が登場し続けています。良い条件の物件が見つかれば、実質的な自企業施設の1ヵ所と捉え、長期的な利用契約からの活用を前提とする事業計画に繋げるのも一案です。


経営者各位にはぜひ、この優れた保管施設の存在を視野に入れ、より自社にとって大きなメリットに繋がる活用をおすすめします。

トップ戻る