お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

相場などに気を配ってトランクルームを上手に利用する方法

トランクルームのマリンボックスTOP > コラム > 相場などに気を配ってトランクルームを上手に利用する方法

相場などに気を配ってトランクルームを上手に利用する方法



トランクルームの利用にあたって負担する費用を節約するためには



同じようにトランクルームのサービスを利用するのであれば、負担する費用は少しでもリーズナブルにしたいと考えるのが人情というものでしょう。そのような願いを叶えるためには、サービス料金の相場などにも気を配った上で、利用する業者を選択することが大切なファクターです。


トランクルームのレンタル料金は、物件の所在する地域によっても違いがあります。自宅やオフィスの近くにある物件は、荷物を搬入・搬出する際の負担が軽くて済みますが、コストの面で不満がある場合には、遠方の物件を選択するという方法もあります。特に、荷物を利用する頻度が低い場合には、遠隔地にある物件を選んでも、不便を感じることは少なくて済むでしょう。


次に、物件の大きさによっても、利用するために掛かる料金に違いが出て来ます。例えば、大きすぎる物件を選ぶと、支払う料金に無駄が生じてしまいます。その反対に、あまりにも小さい物件を選択すると、荷物が入り切らなくなってしまいます。また、荷物を何とか収納することができたとしても、狭いスペースに無理矢理搬入すると、貸し倉庫の使い勝手が悪くなってしまうという問題があります。例えば、倉庫内が整理・整頓されていないと、荷物の搬入出をする際に、多くの時間やエネルギーが掛かったり、他の荷物に傷をつけてしまったりするリスクが生じてきます。




コストの面などに気を配って利用する物件を選ぶ方法




トランクルームの料金相場は、物件ごとの収納スペースの広さによっても違いがあります。物件の大きさを選ぶにあたっては、収納する荷物のサイズや数量をチェックしてみると良いでしょう。そのような場面では、現在の状況はもちろんのこと、将来に於いて、荷物が増える可能性があるかどうかも検討する必要があります。物件のサイズとしては、トータルの荷物量よりも少し余裕を持たせておくと良いでしょう。そして、同じ業者でも、利用する物件によって収納スペースの広さには違いがあるので、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合ったものを選びましょう。


次に、物件に空調の設備が整っているかどうかによっても、サービス料金に違いが生じてきます。こちらの条件について検討する場合、収納する荷物の種類がチェックポイントとなります。荷物の種類によっては、周囲の温度を一定のレベルに保たなければ、品質が劣化してしまう場合もあります。サービス料金がリーズナブルに設定されている物件の場合、空調がないタイプになる傾向があるので、収納する荷物の種類も考慮に入れた上で、適切な物件を選択する必要があります。


続いて、荷物を出し入れする頻度も、利用する物件を選ぶ上でのチェックポイントです。例えば、頻繁に荷物の搬入出を行なう場合には、利用可能な時間帯が長く設定されているサービスを選択するのがおすすめの方法です。物件の中には、24時間利用することのできるものもあります。こうした物件であれば、時間の制約を受けず、気軽に利用することが可能となります。




物件の付帯設備や設置環境、屋内型・屋外型の違いについて




この先、トランクルームを借りるのであれば、物件に付帯している設備によっても、料金の相場に違いが出て来るので、チェックしてみることをおすすめします。例えば、夜間に荷物の搬入出を行なう場合には、照明の設備が整っている物件を選ぶと良いでしょう。暗がりで作業をすると、効率が悪くなるのはもちろんのこと、アクシデントの発生するリスクも高くなるので、注意する必要があります。もちろん、夜間に荷物を出し入れする機会はないという場合は、照明のないタイプを選択することで、料金の無駄を省くことが可能になります。


次に、物件の設置されている環境によって、荷物を持ち運ぶために掛かる時間やエネルギーに違いが生じてきます。例えば、車をとめた場所から倉庫までの距離が長いと、荷物の運搬に掛かる負担が重くなってしまいます。特に、屋外型と比較して、トランクルームのような屋内型の物件では、荷物を運搬する際の負担が重くなる傾向にあるので、注意する必要があります。こちらの負担を軽減するためには、倉庫の近くまで車を乗り入れることのできる物件を選択すると良いでしょう。


ちなみに、屋内型・屋外型の物件では、荷物の出し入れに掛かる負担以外の条件にも相違点があります。その内、屋外型の物件の中には、収納する物品をバイクに限定したものもあります。こちらは、自宅にバイクの置き場所がなくて困っている方や、置き場所がないためにバイクの購入をあきらめていた方などにもおすすめの物件といえます。その一方で、屋外型と比べて、屋内型の物件は、セキュリティの充実度が高いというアドバンテージがあります。ただし、屋内型だと、駐車した場所から物件までの距離が長くなりがちなので、荷物の運搬に掛かる負担は重くなる傾向にあります。

トップ戻る