お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県伊勢原市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 伊勢原市

賃料値下げ+4か月半額!
東大竹 屋外型トランクルーム
東大竹 屋外型トランクルーム
6,470円~26,000円
1.50畳~9.00畳
コンテナボックス
伊勢原市東大竹1-18-5

神奈川県伊勢原市

伊勢原市は、神奈川県のほぼ中央に位置している都市です。伊勢原市の北西端に位置している大山が全国的にもよく知られています。最近では東京郊外のベッドタウンのイメージが強くなっています。ここでは、そんな神奈川県伊勢原市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県伊勢原市とは

伊勢原市は、神奈川県のほぼ中央に位置している都市です。厚木市や秦野市、平塚市に接しており、総面積は55平方キロメートルほどだと言われています。北西部には緑豊かな大山山系がそびえており、南東部にかけては平野が形成されています。丘陵部は畑作を中心とした農地となっており、平地は市街地、低地は水田に利用されています。東西には東名高速道路や国道246号線、小田急小田原線が横断しており、首都圏の近郊都市として、またそれを差し引いても利便性の高い交通網がひとつの特徴です。山間部の山林原野は市域の3分の1ほどを占めるとも言われており、恵まれた自然環境を活かした市民の憩いのエリアとしても親しまれています。やはり伊勢原市においては大山が有名ですが、大山は古くから信仰を集めている霊峰でもあります。観光客はもちろん、登山客の人気のスポットとして多くの方が足を運びます。小田原線小田急線の沿線が市街地として発達しているのですが、中心的な市街地となっているのはやはり伊勢原駅周辺のエリアです。愛甲石田駅周辺のエリアは商業施設が多いこともあり、にぎわいがあります。伊勢原市は東京郊外のベッドタウンとして住宅地も開発されており、その中でも伊勢原駅と愛甲石田駅の周辺エリアに人口が集中しています。ただ、ベッドタウン化が進んでいる一方で、稲作や果樹作、酪農なども盛んではあります。

神奈川県伊勢原市の歴史

2万8000年ほど前の旧石器時代には、現在のちょうど東海大学病院があるあたりで人々が生活を営んでいたと言われています。縄文時代には世界的にももっとも古い部類の土器が伊勢原市域の中央部の三之宮で発見されています。青森や神津島産の石器や土器も見つかっており、古くから遠方との交易が盛んだったと考えられています。弥生時代以降も積極的に外から文化を取り入れていき、稲作や古墳の建造、仏教の布教なども活発におこなわれていたようです。鎌倉時代初頭には源頼朝が大山に田畑を寄進するなど安定した治世がおこなわれていたのですが、北条氏が政権を握ると各地で権力争いが頻発するようになってしまいます。江戸時代に入ると、3代将軍家光が大山寺に莫大な資金を寄進するなどして大山の知名度がさらに高まることとなります。江戸時代中期になる頃には、庶民の間で大山参りが流行していたそうです。明治21年の市町村制の公布当時は7つの町村に編成され、学校や郵便局、商工会などが設けられることとなりました。その後、大正12年の関東大震災では甚大な被害を受けましたが、それを乗り越え、昭和2年に小田急電鉄で東京と結ばれたのをきっかけに、めざましい復興を遂げていきます。昭和29年に岡崎村を除く6つの町村が合併して、伊勢原町が発足します。昭和46年には市制施行でようやく現在の伊勢原市が誕生することとなりました。そして、現在に至ります。

神奈川県伊勢原市の観光

伊勢原市の観光面ですが、やはり伊勢原市の観光面を代表するのは大山です。大山のハイキングコースなども用意されており、初心者の方から上級者の方まで誰もが楽しめるようになっています。歴史めぐりや花めぐりといったものもあり、全体的に落ち着いて楽しめるような観光スポットが多くなっています。観光面では、日本のよさというものを改めて体感することのできる都市とも言えるのではないでしょうか?お土産物では、大山の名前がついた大山のとうふ、大山こまといったものも人気です。伊勢原市は神奈川県の中でも農業が比較的盛んな都市でもありますので、ぶどうや柿、梨、みかん、しいたけ、きゃらぶき、おおやま菜漬、自然薯といったものも人気がありますし、実際に特産品となっています。利便性が高い都市ではあるものの、観光面では「古き良き」といった印象がかなり色濃くなっています。

トップ戻る