お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県小田原市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 小田原市

3ヶ月半額!
桑原 屋外型トランクルーム
桑原 屋外型トランクルーム
15,950円~29,110円
5.00畳~8.00畳
コンテナボックス
神奈川県小田原市桑原
半年半額!
成田Part2 屋外型トランクルーム
成田Part2 屋外型トランクルーム
10,250円~26,370円
2.50畳~9.00畳
コンテナボックス
神奈川県小田原市延清221
半年半額!
成田 屋外型トランクルーム
成田 屋外型トランクルーム
9,260円~29,330円
2.20畳~9.00畳
コンテナボックス
神奈川県小田原市成田77-1
賃料値下げ+半年半額!
蛍田トランクルーム
蛍田トランクルーム
7,530円~24,710円
1.35畳~5.00畳
コンテナボックス トランクルーム
神奈川県小田原市蓮正寺759-4
3ヶ月半額
鴨宮トランクルーム
鴨宮トランクルーム
1,730円~13,540円
0.33畳~2.92畳
トランクルーム
神奈川県小田原市鴨宮749 大貫店舗2階
半年半額!
親木橋 屋外型トランクルーム
親木橋 屋外型トランクルーム
8,000円~22,000円
2.00畳~8.00畳
コンテナボックス
神奈川県小田原市国府津2-1605-1
賃料値下げ+半年半額!
東町 屋外型トランクルーム
東町 屋外型トランクルーム
5,000円~18,000円
1.60畳~5.00畳
コンテナボックス
神奈川県小田原市東町5-8
3ヶ月半額!
小田原早川 屋外型トランクルーム
小田原早川 屋外型トランクルーム
7,500円~26,800円
1.60畳~8.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県小田原市早川3丁目10-4
桑原 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市桑原)
成田Part2 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市延清221)
成田Part3 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市成田58-7)
成田 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市成田77-1)
高田 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市高田395-2)
蛍田トランクルーム
(神奈川県小田原市蓮正寺759-4)
鴨宮トランクルーム
(神奈川県小田原市鴨宮749 大貫店舗2階)
親木橋 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市国府津2-1605-1)
久野トランクルーム
(神奈川県小田原市久野288-16)
扇町 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市扇町1-252-1)
東町 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市東町5-8)
小田原早川 屋外型トランクルーム
(神奈川県小田原市早川3丁目10-4)

神奈川県小田原市

小田原市は神奈川県の西部に位置している都市になります。施行時特例市に指定されています。やはり小田原城が有名ですが、ここではそんな神奈川県小田原市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県小田原市とは

小田原市は神奈川県の西部、もっと言うと南西部に位置している都市になります。南部は相模湾に面していて、南西部の箱根連山と東部の曽我丘陵に囲まれるような形になっています。平野部を形成しており、その中央をちょうど酒匂川が通っており、相模湾へと注いでいます。風光明媚な景観はもちろん、夏は涼しく冬は暖かいという過ごしやすい気候で、保養地としても高い人気があります。沿岸部には小漁港があるため、新鮮な海の幸を堪能することもできます。人口は約20万人と言われています。交通面でもかなり充実していて、鉄道ではJR東海道新幹線、東海道本線、御殿場線、小田急小田原線、伊豆箱根鉄道が、道路は西湘バイパス、小田原厚木道路などの幹線道路があります。これだけ充実しているので、近隣へのアクセスで困ることはありません。小田原市の中でも都市化が進んでいるのは酒匂川流域と海岸線のあたりで、特に小田原駅周辺は市内で指折りのにぎわいとなっています。鴨宮を中心とした周辺エリアは数多くの大型商業施設によって、大規模な商業圏を形成しています。小田原駅の南には小田原市のシンボルでもある小田原城があり、小田原城を目当てにしている観光客の方も多く訪れます。小田原城はもちろんですが、小田原城跡公園も桜の名所としてかなり有名です。毎年お正月には国道1号線で駅伝がおこなわれ、こちらも多くの人でにぎわいます。工業団地もあり、ITや製薬、印刷、化学などの工場群が立地しているところもあります。さまざまな表情を見せてくれる小田原市なんどえすが、箱根の玄関口として大きな役割を担っています。

神奈川県小田原市の歴史

小田原市域では数多くの遺跡が見つかっており、その遺跡からは石器などの出土品がたくさん発見されています。そこから旧石器時代から人々の生活が営まれていたと考えられています。「小田原」という地名が歴史上で目立ってくるのは15世紀以降のことになります。応永25年頃に大森頼春が小田原城を築いたことがきっかけと考えていいでしょう。戦国時代には北条氏による支配を受けますが、小田原城が豊臣軍に落とされると今度は徳川家康の家臣である大久保忠世が城主となりました。江戸時代には城主が何度か変わるものの、江戸城の西の玄関口として、東海道屈指の城下町として栄えるようになりました。しかしながら、江戸時代中期から後期にかけては、大地震や富士山の噴火によって、甚大な被害を受けることとなります。明治4年には小田原県が置かれ、一時期は韮山県と合併して足柄県となりました。明治9年には神奈川県に属することとなりました。明治から大正にかけてはいくつかの鉄道が開通し、これによってアクセス面が劇的に向上しました。昭和2年には新宿に直結する小田急線ができ、首都圏との交流が活性化していきました。昭和15年に小田原町を含む5町村が合併し、ようやく小田原市が誕生することとなります。その後、近隣の町村を編入し、昭和31年には曽我村の一部を編入して、現在の小田原市となりました。戦後には交通網の拡充や文化施設の建設などによって、発展を遂げます。平成12年には特例市に指定され、最近では近隣市町との連携に力を入れて、さらなる発展を目指しています。そして、現在に至ります。

神奈川県小田原市の観光

小田原市の観光といえば、やはり小田原城と城址公園です。いわゆるバブルの頃にはかなりの数の観光客が訪れていたのですが、一時期はその数も減っていました。ただ、ここ数年で歴史ブームや城ブームが来たこともあり、その観光客の数も増加傾向にあります。桜の名所ということもあり、春には特に多くの観光客が訪れるようです。グルメの面でも充実しており、やはり小田原おでんなどは観光の際に味わうという方が多い傾向にあります。お土産には小田原蒲鉾を買って帰るという方もいるようです。観光スポットにも恵まれており、グルメも充実しているので、観光都市としても十分楽しめるのではないでしょうか?

トップ戻る