お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県秦野市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 秦野市

3ヶ月半額!
緑町トランクルーム
緑町トランクルーム
6,250円~28,080円
1.06畳~4.89畳
トランクルーム
秦野市緑町833-20
限定4名様 4か月半額
本町 屋外型トランクルーム
本町 屋外型トランクルーム
8,220円~27,770円
1.60畳~9.00畳
コンテナボックス
秦野市本町3-2854-3
3ヶ月半額!
渋沢2丁目トランクルーム
渋沢2丁目トランクルーム
1,900円~11,800円
0.44畳~2.27畳
トランクルーム
神奈川県秦野市渋沢2丁目5−3
賃料値下げ+半年半額+初期費用無料
平沢 屋外型トランクルーム
平沢 屋外型トランクルーム
6,000円~11,980円
1.50畳~4.50畳
コンテナボックス
秦野市平沢409-1
賃料値下げ+半年半額!
上智大入口 屋外型トランクルーム
上智大入口 屋外型トランクルーム
6,500円~28,080円
1.60畳~9.00畳
コンテナボックス
秦野市西大竹355-3
堀山下Part2 屋外型トランクルーム
(渋沢駅)
堀山下 屋外型トランクルーム
(渋沢駅)
秦野 屋外型トランクルーム
(小田急線 秦野駅)
堀川 屋外型トランクルーム
(小田急小田原線 渋沢駅)
渋沢 屋外型トランクルーム
(渋沢駅)
緑町トランクルーム
(小田急電鉄小田原線 秦野駅)
本町 屋外型トランクルーム
(小田急小田原線 秦野駅)
渋沢2丁目トランクルーム
(小田急小田原線 渋沢駅)
平沢 屋外型トランクルーム
(小田急電鉄小田原線 渋沢駅)
上智大入口 屋外型トランクルーム
(秦野駅)

神奈川県秦野市

秦野市は神奈川県の中西部に位置している都市です。市の半分を自然が占めているとも言われており、本当に自然に恵まれた都市でもあります。それでいて都心へのアクセスがいいというのも大きな魅力です。ここでは、そんな神奈川県秦野市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県秦野市とは

秦野市は神奈川県の中央より西側に位置しています。神奈川県の屋根と呼ばれている北部の丹沢山塊と南部の渋沢丘陵に囲まれています。いわゆる盆地帯となっています。地下からの湧き水が出ており、「秦野盆地湧水群」として環境省の全国名水百選に選ばれています。秦野駅からほど近いところには、弘法大師の伝説が残る弘法の清水もあります。また、秦野市はその市域の半分ほどが山林となっています。そのため、秦野市内にはいくつものハイキングコースが開設されています。観光農園も多く見られますし、自然を身近に感じることができる都市となっています。一方、同じ秦野市でも南部になると都市化がぐっと進んでいます。企業や大型商業施設も多く見られます。秦野市の半分ほどを自然が占めているからこそ、住宅や商業施設が南に集まらざるを得ないとも言えるでしょう。交通面では、秦野中井インターチェンジが設けられている東名高速道路をはじめ、国道246号線、小田急小田原線が南部エリアを横断していますので、都心部はもちろん、横浜市へのアクセスにもとても便利です。秦野市内でも中心となっているのはやはり秦野駅周辺で、このあたりは商業施設が集中しており、中心市街地となっています。

神奈川県秦野市の歴史

秦野市域にはおよそ2万年前から人々が住み始めていたと言われています。実際に、縄文時代などの遺跡が数多く残されています。弥生時代には稲作に適した場所が少なかったこともあり、盆地の外側に集落がつくられていたようです。古墳時代には中央政権の権勢が伝わり、農業技術の進歩によって山地でも農業がおこなわれるようになりました。これらの変化によって、徐々に人々の生活範囲が広がっていきました。平安時代からは波多野氏によって治められるようになり、戦国時代には北条氏の所領となりました。江戸時代には小田原藩領となり、その大部分は幕府領となっていました。明治時代に入ると市町村制が公布され、明治22年には1町6村が誕生することとなります。この頃からたばこの栽培が急激に増加し、全国でも有数の産地として知られるようになりました。しかしながら、大正12年には関東大震災で大きな被害を受けることとなります。今泉の字上市木から後久保にかけては大崩壊があり、川がせき止められたことによって現在の震生湖ができたと言われています。昭和30年の市制施行で秦野市が誕生すると、その後も周辺の地域や町村を編入していき、昭和38年に西秦野町を編入して、ようやく現在の市域となります。最近では商工業の発展が進む一方で、近隣都市のベッドタウンとしても発展しているようです。そして、現在に至ります。

神奈川県秦野市の観光

先でもお話ししましたように、秦野市というのはたばこの有名な産地でもあります。そのため、秦野たばこ祭というものも開催されています。生産地としての歴史を記念して9月の第4土曜と日曜に開催されています。毎年30万人規模のにぎわいとなるのですが、最近では禁煙や分煙といったものの影響もあり、「祭りの名前を変えるべきなのではないか」といった主張も出ているようです。この秦野たばこ祭以外では、やはり名水百選として知られる秦野盆地湧水群、弘法の清水、若竹の泉、今泉名水桜公園といったところが観光面では有名です。白泉寺のシダレザクラも有名です。秦野市は自然が多いので、自然の中で楽しめるレジャーというのもかなり多くなっています。大自然の中でしっかりと体を動かした後には、鶴巻温泉や秦野温泉で心身を癒すこともできます。どこか近代的な施設に行って楽しむという感じではなく、自然の中で体感することができる本来の楽しさといったものが得られる都市といえるのではないでしょうか?もちろん、だからといって不便なわけではありませんので、ある意味では理想的です。

トップ戻る