お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県川崎市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 川崎市

3ヶ月半額!
平Part1 屋外型トランクルーム
平Part1 屋外型トランクルーム
7,000円~48,500円
1.60畳~9.00畳
コンテナボックス
神奈川県川崎市宮前区平2-589
3ヶ月半額
平Part3 屋外型トランクルーム
平Part3 屋外型トランクルーム
6,500円~48,500円
1.40畳~9.00畳
コンテナボックス
神奈川県川崎市宮前区平1-717-1
3ヶ月半額
平Part2 屋外型トランクルーム
平Part2 屋外型トランクルーム
7,000円~48,500円
1.60畳~9.00畳
コンテナボックス
神奈川県川崎市宮前区平4-1503-3
半年半額!
王禅寺東バイクボックス
王禅寺東バイクボックス
14,300円
2.18畳
バイクボックス
神奈川県川崎市麻生区王禅寺東4丁目1800-3、1803-3
3ヶ月半額!
武蔵小杉トランクルーム
武蔵小杉トランクルーム
2,400円~34,200円
0.24畳~3.98畳
トランクルーム
神奈川県川崎市中原区中丸子793番1エグゼプリュート中丸子1階
登戸バイクボックス
(神奈川県川崎市多摩区登戸新町365-5)
向ヶ丘遊園 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市多摩区登戸2692-1)
平Part7バイクボックス
(神奈川県川崎市宮前区平一丁目824番6)
平Part1 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平2-589)
平Part3 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平1-717-1)
平Part6 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平4-1502-2)
平Part5 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平6-849-1)
平Part2 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平4-1503-3)
平Part4 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区平6-1013-1)
平Part8 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市宮前区けやき平443番1の一部)
王禅寺東バイクボックス
(神奈川県川崎市麻生区王禅寺東4丁目1800-3、1803-3)
井田杉山町 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市中原区井田杉山町520-1)
武蔵小杉トランクルーム
(神奈川県川崎市中原区中丸子793番1エグゼプリュート中丸子1階)
武蔵小杉バイクボックス
(神奈川県川崎市中原区中丸子793番1エグゼプリュート中丸子1階)
元住吉バイクボックス
(神奈川県川崎市中原区木月3-901-3)
大島三丁目 屋外型トランクルーム
(神奈川県川崎市川崎区大島3丁目17−10)

神奈川県川崎市

神奈川県の北東部に位置しているのが川崎市です。政令指定都市としても知られています。政令指定都市としてはもっとも面積が小さいことでも知られているのですが、その人口は都道府県庁所在地以外の市としては最大です。ここでは、そんな神奈川県川崎市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県川崎市とは

神奈川県川崎市は、田園風景をしっかりと残しつつ、都市化の進む若者の街として知られています。先でも触れましたが、川崎市は神奈川県内の北東部に位置しています。その市域は、7つの区から形成されており、政令指定都市となっています。川崎市の北部には有名な多摩川が流れており、多摩川が流れているということからもおわかりになりますように東京都と隣接しています。そのため、都市化が進んでいるのもひとつの特徴です。新興住宅地が広がっており、川崎駅を中心に大型商業施設などが多く見られます。その一方で、多摩川沿いには田園風景が広がっています。自然との調和がなされており、実際に川崎市の自然を評価している方も少なくありません。鉄道網も発達していているので、都内はもちろん、横浜などへのアクセスも抜群です。どこに行くのにも困らないでしょう。川崎と隣接する大田区には東京国際空港があります。直通電車も運行していますので、鉄道だけでなく空路も充実しているといえるでしょう。川崎市内には日本の音風景100選に指定される参道もあり、いろいろな面でとてもバランスのとれている市だと言えるのではないでしょうか?

神奈川県川崎市の歴史

現在の川崎市の北西部の丘陵地帯に人が定住したのは古く、黒川などでは旧石器時代や縄文時代の遺跡があります。一方で、多摩川沿いや臨海部の低地はかつて海底だった場所が多く、多摩川の堆積作用や海面の低下によって徐々に陸地化が進んだとされています。7世紀に律令体制の整備によって武蔵国橘樹郡の一部となり、奈良時代には現在の高津区に郡衙が置かれることとなります。ここが地域行政の中心になったと推定されています。平安時代からは荘園が発達し、稲毛氏が広い地域を支配するようになります。この稲毛氏の一族が源頼朝の御家人のひとりとなり、活躍することとなります。慶長16年には、二ヶ領用水が完成し、これによって農業生産力が大幅に向上します。ちなみに、この二ヶ領用水で潤った水田で生産された米は稲毛米と呼ばれて、江戸では寿司飯として人気を博しました。江戸幕府の成立後には、現在の川崎駅周辺にある川崎宿の整備が進みます。明治時代や大正時代にかけては、川崎駅周辺で都市化が進みます。その一方で、丘陵地帯では農山村もしっかりと維持されていました。その後、昭和に入ると鉄道路線の開業によって、私鉄沿線には住宅地、南武線沿線には工業地が広がるようになりました。市制施行によって川崎市となった後には、川崎大空襲を経て、人口の増加や開発が進んでいきます。人口が150万人を突破し、現在に至ります。

神奈川県川崎市の観光

川崎市は自然環境に恵まれているというイメージが強いかと思いますが、観光スポットにもかなり恵まれています。川崎市でもっとも有名といっても過言ではないのが川崎大師でしょう。川崎大師の参道は、日本の音風景100選に選ばれているほどです。他にも、白幡八幡大神や稲毛神社、橘樹神社といった寺社仏閣も多く、パワースポット巡りなどを好む方も多く訪れているようです。川崎市岡本太郎美術館や藤子・F・不二雄ミュージアムといったものもあり、ライブハウスなども充実しています。名所にも恵まれており、川崎市の名所としては京浜臨海部、世界最短エスカレーターであるプチカレーター、久地円筒分水、川崎河港水門、小沢城跡といったものが挙げられます。花火大会をはじめとしたイベントもかなり多く、地元の方はもちろん、観光客の方も楽しめるような要素が盛りだくさんです。神奈川県で観光というとどうしても横浜市に流れる方が多い傾向にあります。確かに、横浜市のほうが有名な観光スポットは多いでしょう。ただ、川崎市のほうも横浜市の観光スポットほどの知名度はないかもしれませんが、魅力的な観光スポットや見どころが多いのです。

トップ戻る