お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県綾瀬市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 綾瀬市

賃料値下げ+半年半額!
早川 屋外型トランクルーム
早川 屋外型トランクルーム
8,090円~32,400円
1.80畳~9.00畳
コンテナボックス
綾瀬市早川1693

神奈川県綾瀬市

綾瀬市は、神奈川県の中部に位置している都市です。神奈川県を構成している市の中では、もっとも新しい市としても知られています。ここでは、そんな神奈川県綾瀬市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県綾瀬市とは

綾瀬市は、神奈川県の中部に位置している緑に恵まれている都市です。正確には、神奈川県の中央よりやや東側に位置しており、相模野台地のところにあります。北部や東部は大和市、西部は海老名市、南部は藤沢市に接しています。東西4キロメートルほど、南北7キロメートルほどと南北に長い地形をしているのも特徴です。綾瀬市の北東部には市域の6分の1もの面積を占める厚木基地があることでも知られています。横浜市からは20キロメートルほど、東京都心部から40キロメートルほどの距離にあります。その一方で、蓼川や比留川、目久尻川などの中小河川をはじめ、森林などにも恵まれており、自然環境は本当に豊かです。新興住宅地としても発展しています。農地や商業地もバランスよく配置されていますし、市役所周辺エリアには大型ショッピングセンターを中心に都市化も進んでいます。このあたりのエリアが、中心的な市街地となっています。綾瀬市内には県道40号線や45号線などの幹線道路が縦横に引かれていますので、車での移動もかなりしやすくなっています。路線バスの交通網も発達していますので、アクセス面で不便を感じることはないでしょう。綾瀬市内には蟹ヶ谷公園やせせらぎ広場などの憩いの場も多くなっていますので、とても過ごしやすい都市といえるのではないでしょうか?

神奈川県綾瀬市の歴史

綾瀬市内には、数多くの遺跡が残されています。これらの遺跡によって約4万年前から人々が生活を営んでいたと考えられています。古代には相模地域の中心的な存在だったとも考えられています。鎌倉時代になると幕府の有力な御家人だった渋谷氏による統治を受け、戦国時代には北条氏による支配を受けることとなります。江戸時代になると、新田の開発が盛んにおこなわれるようになります。その後、綾瀬市域は8つの村に整備され、江戸近郊の農村地帯としてどんどん発展していくこととなります。明治22年にはこれらのすべての村が合併し、綾瀬村が誕生することとなります。昭和16年には相模野海軍航空隊が設置されることになります。その翌年である昭和17年には、厚木基地が完成するなど首都圏の軍備基地としての役割を担うようになります。昭和20年の4月に綾瀬村から綾瀬町となり、8月の終戦直後には連合国総司令官のマッカーサー氏が厚木基地を訪れます。そういう意味では、歴史的にも重要な意味合いを持っている場所と言えるでしょう。高度経済成長期になると人口が急激に増加していくこととなります。市域の北部や西部では宅地開発が進み、東部や西部は工業団地が形成されていくことになります。昭和53年に市制を施行して、ようやく綾瀬市が誕生することになります。綾瀬市となった後も住みやすい街づくりが進められ、「緑と文化が薫るふれあいのまち あやせ」を市の標語に掲げています。そして、現在に至ります。

神奈川県綾瀬市の観光

綾瀬市の観光面なのですが、正直なところ、綾瀬市はそこまで観光面での強みというのは持っていません。観光スポットとしては蓮光寺、五社神社、長龍寺、遠山氏累代の墓石群、熊野社本殿、小園子之社本殿、蓼川神社、神崎遺跡といったものが挙げられるものの、「綾瀬市といえばコレ!」といったものには欠ける印象です。イベントとしては、あやせロックバンドフェスティバル、綾瀬大納涼祭、綾瀬ささらおどりといったものが挙げられます。ただ、特産品には「あやせ」の名前がついているものも見られます。例えば、あやせサブレ、あやせ本醸造といったものです。綾瀬市への観光の際には、こういったものをお土産物として買って帰るといいのではないでしょうか?綾瀬市そのものの観光も楽しめないわけではないのですが、もし物足りないなというときには綾瀬市の恵まれた交通網を活かして他のエリアまで足を運ぶといいかもしれません。

トップ戻る