お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県藤沢市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 藤沢市

3ヶ月半額!
大庭 屋外型ミニトランクルーム
大庭 屋外型ミニトランクルーム
3,100円~34,030円
0.60畳~8.50畳
レンタル物置き
神奈川県藤沢市大庭6534-1
半年半額!
大鋸 屋外型トランクルーム
大鋸 屋外型トランクルーム
7,700円~35,610円
1.80畳~9.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県藤沢市大鋸字丸山970
事務手数料無料+半年半額
藤沢本町トランクルームPart2
藤沢本町トランクルームPart2
4,250円~23,800円
0.50畳~3.70畳
トランクルーム
神奈川県藤沢市本町3-10-21
半年半額
辻堂新町 屋外型トランクルーム
辻堂新町 屋外型トランクルーム
6,300円
1.30畳
コンテナボックス
神奈川県藤沢市辻堂新町1-1345-19
3か月90%OFF
藤沢駅北口トランクルーム
藤沢駅北口トランクルーム
3,300円~34,500円
0.50畳~9.00畳
コンテナボックス トランクルーム バイクボックス
神奈川県藤沢市藤沢1040
【2F限定】半年半額+搬入サービス
本鵠沼トランクルーム
本鵠沼トランクルーム
3,660円~32,690円
0.50畳~3.88畳
トランクルーム
神奈川県藤沢市本鵠沼3丁目4番16号
円行 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市円行1-15-12)
亀井野下屋敷 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市亀井野)
大庭 屋外型ミニトランクルーム
(神奈川県藤沢市大庭6534-1)
大庭バイクボックス
(神奈川県藤沢市大庭6536-3)
大鋸 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市大鋸字丸山970)
藤沢本町トランクルームPart2
(神奈川県藤沢市本町3-10-21)
藤沢本町バイクボックスPart2
(神奈川県藤沢市本町3-10-21)
藤沢本町バイクボックス
(神奈川県藤沢市本町三丁目1693-6)
藤沢本町 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市本町三丁目1693-6)
鵠沼神明 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市鵠沼神明3-416-1)
辻堂新町 屋外型トランクルーム
(神奈川県藤沢市辻堂新町1-1345-19)
藤沢駅北口トランクルーム
(神奈川県藤沢市藤沢1040)
本鵠沼トランクルーム
(神奈川県藤沢市本鵠沼3丁目4番16号)

神奈川県藤沢市

藤沢市は神奈川県の南部中央に位置している都市です。相模湾に接している市でもあり、いわゆる湘南エリアの中でもっとも人口が多い市としても知られています。ここでは、そんな神奈川県藤沢市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県藤沢市とは

神奈川県藤沢市というと、湘南の海が近くて、マリンスポーツを楽しめるところというイメージが強いのではないでしょうか?まさに、そのイメージ通りの都市になります。藤沢市は神奈川県のほぼ中央の南側に位置しており、相模湾に面しています。東西に6.5キロメートルほど、南北12キロメートルほどという細長い形をしているのが特徴です。横浜市、鎌倉市、茅ヶ崎市、大和市、綾瀬市、海老名市、寒川町という6市1町に囲まれるような形で接しています。地形は平坦なところがほとんどです。首都圏近郊の住宅都市でありながら、江ノ島海岸を中心に観光資源が豊富な都市でもあります。そのため、藤沢市にはたくさんの観光客の方が訪れます。南部には相模湾に突き出る形で有名な江ノ島があります。もともと有名な観光スポットですが、最近ではその人気にさらに拍車がかかっています。藤沢市内には小田急江ノ島線が通っており、南部には東海道本線が通っています。その総合駅とも言える藤沢駅周辺がまさに藤沢市の中心となっています。中心市街地も形成されています。藤沢バイパスなどの広い道路はもちろん、国道や県道も充実していますので、車でのアクセスにも優れています。知名度の高い慶應義塾大学などもあり、若者も多く、活気のある街並みとなっています。商工業都市としての一面もあり、農水産業都市としての一面も持っており、多方面でバランスのとれた都市といえるのでしょう。

神奈川県藤沢市の歴史

藤沢市域では、縄文時代の遺跡がかなりの数発見されています。そのため、藤沢市域で古くから人々が生活を営んでいたと考えられています。現在は有名な観光スポットになっている江の島ですが、実は鎌倉時代まで完全な離島でした。しかしながら、海底が隆起したことによって、現在のように陸続きとなったのです。平安時代後期から鎌倉時代にかけては源氏が台頭し、鎌倉時代末期には幕府と足利軍との戦いの舞台となったことでも有名です。戦国時代末期には、徳川家康の関東入国に際して、御殿や陣屋が置かれたと言われています。その後、東海道の宿場町として、遊行寺の門前町として発展を遂げていきます。明治20年には東海道本線の藤沢駅が、明治43年には江の島電鉄が開通することとなります。これがきっかけで、近隣都市との交流が活性化し始めます。その結果、たくさんの製紙工場が建てられるようになり、海水浴場も多くの人でにぎわうようになりました。大正12年の関東大震災では大きな被害を受けますが、それを乗り越え、昭和15年には市制施行により藤沢市が誕生します。藤沢市となってからは周辺の町村と合併し、昭和55年には人口が30万人を突破します。最近では、農業や工業、商業、観光などさまざまな面で活躍する都市として発展を続けており、現在に至ります。

神奈川県藤沢市の観光

さまざまな面を持ち合わせている藤沢市なのですが、やはり藤沢市の観光スポットと言えば江の島です。江の島は神奈川県指定史跡名勝でもあります。「つり球」といったアニメの舞台にもされており、聖地巡りに訪れる方も少なくありません。旅番組のロケでもやはり江の島は多く見かけるものです。しらす丼をはじめとした海の幸をふんだんに使ったグルメはもちろん、最近では江ノ電の人気もさらに高まっています。江の島寒中神輿錬成大会、湘南江の島春祭り、江の島天王祭、ふじさわ江の島花火大会、秋の江の島大道芸まつり・ドラゴンボートレースといった江の島の名前が入ったイベントもかなり多くなっています。湘南海岸も人気の観光スポットとなっており、片瀬東浜海水浴場をはじめ片瀬西浜・鵠沼海水浴場、辻堂海水浴場といった海水浴場もありますし、辻堂海浜公園や湘南海岸公園といった公園、新江ノ島水族館もあります。鵠沼海岸や湘南海岸・砂浜のみち、辻堂海岸にも多くの人が集まり、かなり見どころの多い都市と言えるのではないでしょうか?

トップ戻る