トランクルームならマリンボックス

お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

宮城県 - 仙台市

宮城県 - 仙台市

大幅賃料値下げ+3か月半額
賃料値下げ+3か月半額(※6か月以上の利用 ※契約事務手数料は通常賃料から算出)
田子 屋外型トランクルーム
田子 屋外型トランクルーム
2,800円~11,880円
1.60畳~2.70畳
コンテナボックス バイクボックス
仙台市宮城野区田子2丁目26番

宮城県仙台市

宮城県仙台市は、宮城県の中部に位置している市です。仙台市は宮城県の県庁所在地でもありますし、政令指定都市でもあります。宮城県にとどまらず、東北地方で最大の都市でもありますので、その存在感や役割というのは大きなものです。ここでは、そんな宮城県仙台市についてご紹介していきたいと思います。

宮城県仙台市とは

宮城県仙台市は、自然に恵まれた東北地方における中心都市です。仙台市は冒頭でもお話ししましたように、県庁所在地でもあり、政令指定都市でもあります。宮城県の人口における半数近くがこの仙台市に居住していると言われています。教育機関が多いため、若い世代の方が多いのもひとつの特徴です。活気あふれる都市なのです。 仙台市は青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区の5つの行政区から構成されています。仙台市における主要駅となるのはJR仙台駅で、青葉区にあります。そのため、青葉区は行政機関や商業施設なども集中しており、仙台市の中でもさらに中心的な存在となっています。 一方で、若林区や泉区には住宅地が広がっており、ベッドタウンの役割を果たしています。宮城野区には仙台港があり、東北新幹線や幹線道路も通っているので流通において重要な役割を果たしています。太白区は自然に恵まれており、農業が盛んです。秋保温泉は有名な観光スポットとなっており、県内からだけではなく県外からも多くの方が足を運びます。 仙台市は、「杜の都」とも呼ばれており、その名前の通り、とても自然が豊かです。奥羽山脈の東側にある仙台平野、そのほぼ中央に位置しています。夏は涼しく、冬は積雪が少ないという過ごしやすい気候も特徴的です。有名な伊達政宗の居城だった仙台城を中心に発展し、これからも東北地方の政治や経済、文化の中核都市として発展を続けていくことでしょう。ちなみに、毎年8月には東北3大祭りのひとつである七夕祭りおこなわれます。

宮城県仙台市の歴史

宮城県仙台市の歴史についてですが、その市域では富沢遺跡で旧石器時代の焚き火跡が見つかっています。その昔から市域で人々が生活を営んでいたと考えられます。神亀元年には、大野東人が多賀城に陸奥国府と鎮守府を置き、仙台市に陸奥国分寺と国分尼寺を建立したと言われています。中世の頃には、この地は地元豪族の留守氏と国分氏による支配を受けていました。歴史の教科書にも登場する有名な関ヶ原の戦いの翌年には、伊達政宗が国分氏の居城であった千代城の跡に新たに仙台城を築城しました。 江戸時代になると、奥州街道や海路が整備されることとなります。この頃には、武家屋敷や商人町が建ち並ぶようになり、新田開発もおこなわれていました。奥州一の城下町として発展していくことになります。明治維新後にはその勢いも衰えますが、明治4年の廃藩置県によって仙台県の県庁所在地という形で新たなスタートを切ります。 その後、東北本線の開通や東北帝国大学の開校などを経て、都市機能の整備が進んでいくことになります。その中で東北地方における中枢都市としての地位をかためていき、明治22年の市制施行で仙台市が誕生します。市制施行後も周辺町村の合併や編入を繰り返して、その市域を拡大していき、現在の仙台市に至ります。東日本大震災では甚大な被害を受けることになりましたが、それを乗り越え、少しずつ復興が進んでいます。

宮城県仙台市の観光

宮城県仙台市の観光面ですが、常に多くの観光客であふれる都市ということもあって観光スポットはかなり豊富です。仙台市といったときにシンボル的存在となっている観光スポットが仙台城跡です。仙台市を見下ろす伊達政宗公騎馬像は、さまざまなところで取り上げられています。伊達政宗公騎馬像の前で記念撮影をする方も多いようです。伊達政宗公のファンであれば、仙台市博物館もチェックしておきたいところです。 他にも詩人の終の棲家だった文学館である晩翠草堂や杉木立の中で圧倒的な存在感を放つ瑞鳳殿、自然を体感できる東北大学植物園などの観光スポットがあります。仙台というとやはり伊達政宗公のイメージが強いのですが、それ以外に楽しめる観光スポットも多いですし、仙台牛タンなどのグルメも堪能することができます。観光面ではとてもバランスが取れているといっていいでしょう。

トップ戻る