お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県鎌倉市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 鎌倉市

3ヶ月半額!
鎌倉山崎 屋外型トランクルーム
鎌倉山崎 屋外型トランクルーム
10,100円~31,570円
1.80畳~8.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県鎌倉市山崎字下河内35-1
半年半額
北鎌倉トランクルーム
北鎌倉トランクルーム
4,300円~33,000円
0.55畳~3.80畳
トランクルーム
神奈川県鎌倉市山ノ内1337-5-2F
3ヶ月半額!
鎌倉寺分 屋外型トランクルーム
鎌倉寺分 屋外型トランクルーム
7,200円~36,660円
1.50畳~8.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県鎌倉市寺分字堅畑214番37
半年半額
湘南深沢ミニトランクルーム
湘南深沢ミニトランクルーム
1,980円~8,900円
0.50畳~1.50畳
トランクルーム
神奈川県鎌倉市梶原1-7-2
3か月半額+運搬サービス
鎌倉常盤トランクルーム
鎌倉常盤トランクルーム
13,200円~25,300円
1.70畳~3.50畳
トランクルーム
神奈川県鎌倉市常盤字上耕地246-3
鎌倉台トランクルーム
(神奈川県鎌倉市台1-5-11メゾン大船1階)
鎌倉山崎 屋外型トランクルーム
(神奈川県鎌倉市山崎字下河内35-1)
北鎌倉トランクルーム
(神奈川県鎌倉市山ノ内1337-5-2F)
鎌倉寺分 屋外型トランクルーム
(神奈川県鎌倉市寺分字堅畑214番37)
湘南深沢ミニトランクルーム
(神奈川県鎌倉市梶原1-7-2)
湘南深沢Part2トランクルーム
(神奈川県鎌倉市梶原34-2)
鎌倉常盤 屋外型トランクルーム
(神奈川県鎌倉市常盤字上耕地246-3)
鎌倉常盤トランクルーム
(神奈川県鎌倉市常盤字上耕地246-3)
笛田トランクルーム
(神奈川県鎌倉市笛田6-2-16)

神奈川県鎌倉市

神奈川県の鎌倉市は、名前の通り、鎌倉を中心とする市です。最近では観光面でも注目を集めていますし、さまざまな有名作品の舞台にもなっています。ここでは、そんな神奈川県鎌倉市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県鎌倉市とは

神奈川県鎌倉市は、観光スポットが多く、横浜や東京へのアクセスが良好なことでも知られています。鎌倉市は神奈川県の南東部に位置しており、三浦半島西側のちょうど付け根の部分にあります。北から西にかけては横浜市と、東は逗子市と、西は藤沢市と接しており、南は景勝美が広がる相模湾に面していることでも知られています。JR東海道本線・横須賀線、湘南モノレールや海岸線沿いの江ノ島電鉄線といったものが通っていますので、横浜をはじめとした近隣都市や東京都心部などへの面も優れています。ちなみに、江ノ島電鉄線は「江ノ電」として親しまれており、最近は特に利用者が増えているようです。また、鎌倉市内には古寺や史跡が数多く残っており、それを目当てにたくさんの観光客が訪れます。鎌倉市の中心部となっているのは、やはり鎌倉エリアなのですが、この鎌倉エリアには市の行政機関が集まるだけではなく、鶴岡八幡宮や鎌倉大仏といった観光名所も多く見られます。一方、住宅地は大船エリアや深沢エリア、腰越エリアに集中的に広がっている印象です。大船エリアには、鉄道各社が乗り入れる大船駅を中心に商業地が広がっています。深沢エリアや腰越エリアは丘陵地に囲まれており、海岸や公園などのレジャースポットへのアクセスも良好となっています。神奈川県はもちろんなのですが、その中でも鎌倉市というのは国内でも指折りの観光都市と言えるのではないでしょうか?相模湾に面している南部は、海水浴やウィンドサーフィンなどマリンレジャーの印象も強いでしょう。歴史遺産をメインとした観光業だけではなく、鎌倉野菜と呼ばれるトマトやキュウリ、ダイコンなどの農業も盛んです。大船エリアや深沢エリアには大規模な工場も見られます。

神奈川県鎌倉市の歴史

鎌倉市域からは旧石器時代の石器が見つかっていますので、1万年前には人が生活していたと考えられています。実際に多くの遺跡や遺物が残されていることもあり、鎌倉市域では大規模な集落が形成されていたと言われています。平安時代に入ると源頼義以降、源氏一族の居住地となりました。平氏を破ったことで知られる源頼朝が征夷大将軍に任命されると、この地で鎌倉幕府を開きました。鎌倉幕府が開いたことによって、鎌倉市域は政治や軍事、外交、文化などの中心地として発展し、最盛期には3万人もの人口を誇ったと言われています。その後、鎌倉幕府が滅亡すると鎌倉市域の勢いも衰えていきます。そのまま農業と漁業の村へと移行していき、江戸時代には徳川光圀による新編鎌倉志が編纂などによって、風光明媚な景勝地へと変わっていきます。言ってしまえば、観光地化したのです。明治時代の横須賀線の開通によってこの傾向が強まり、昭和に入ると著名な作家や文人がこぞって鎌倉に移り住むようになります。そこから「鎌倉文士」という言葉も誕生したほどです。昭和14年に、鎌倉郡の鎌倉町と腰越町が合併し、現在の鎌倉市として市制が施行されることとなります。最近では、世界遺産の登録を目指して奮闘しつつ、現在に至るという感じです。

神奈川県鎌倉市の観光

観光都市と呼ばれるだけあって、鎌倉市にはかなりの観光スポットが見られます。鶴岡八幡宮や段葛、神奈川県立近代美術館、鎌倉国宝館、鎌倉文学館、鎌倉五山のひとつである寿福寺、宇賀福神社、鎌倉大仏のある高徳院、長谷寺、極楽寺、稲村ヶ崎とざっと挙げられるだけでもこれだけの観光スポットがあります。江の島で有名なしらす丼や鎌倉丼といったグルメも有名です。鎌倉市を舞台にしている作品もかなり多く見られます。映画では「海街diary」「シン・ゴジラ」「DESTINY 鎌倉ものがたり」、小説では「ビブリア古書堂の事件手帖」、漫画では「海街diary」「侵略!イカ娘」「ストライクウィッチーズ」「SLAM DUNK」といったものが挙げられます。漫画に関しては、アニメ化されているものも多いです。舞台となっている有名作品が多いので、いわゆる聖地巡りにもいい市と言えるのではないでしょうか?

トップ戻る