お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

東京都町田市のトランクルーム一覧

東京都 - 町田市

2ヶ月半額!
相原 屋外型トランクルーム
相原 屋外型トランクルーム
4,800円~8,900円
1.10畳~1.90畳
レンタル物置き
町田市相原町字丸山表1740番5
半年半額!
忠生 屋外型トランクルーム
忠生 屋外型トランクルーム
7,800円~12,600円
1.90畳~2.40畳
バイクボックス レンタル物置き
東京都町田市忠生4丁目1番3
半年半額!
藤の台 屋外型トランクルーム
藤の台 屋外型トランクルーム
2,200円~9,400円
0.34畳~1.50畳
レンタル物置き
東京都町田市本町田3457-3
限定4名様 4か月半額
本町田バイクボックス
本町田バイクボックス
13,000円
2.52畳
バイクボックス
東京都町田市本町田917番2
限定4名様 4か月半額
原町田バイクボックス
原町田バイクボックス
14,000円
2.39畳
バイクボックス
東京都町田市原町田四丁目166 番25
相原 屋外型トランクルーム
(JR横浜線 相原駅)
忠生 屋外型トランクルーム
(JR横浜線 淵野辺駅)
藤の台バイクボックス
(小田急電鉄小田原線 玉川学園前駅)
藤の台 屋外型トランクルーム
(小田急電鉄小田原線 玉川学園前駅)
本町田バイクボックス
(小田急小田原線 玉川学園前駅)
町田市中町バイクボックス
(町田駅)
原町田バイクボックスpart2
(町田駅)
原町田バイクボックス
(JR横浜線 町田駅)

東京都町田市

東京都町田市は、多摩エリアの南部に位置している市です。市域は細長くなっており、多摩市や八王子市よりも神奈川県との交流が盛んとなっている商業都市でもあります。ここでは、そんな町田市についてご紹介していきたいと思います。

東京都町田市とは

町田市は、多摩丘陵に残る自然と歴史が感じられる市で、アクセスにも恵まれています。町田市は東京都の南端に位置しており、離島を除けば最南部に位置しています。その市域の多くが多摩丘陵に立地しており、地理的には起伏に富んだ地形が特徴となっています。横浜市、川崎市、相模原市の3つの政令指定都市に接している日本唯一の市でもあります。 市内にはJR横浜線をはじめ、京王相模原線、小田急小田原線、東急田園都市線の4つの路線が乗り入れており、東京方面や横浜方面へのアクセスにとても優れています。町田駅と新宿駅は快速で30分ほどです。町田バスセンターからは、羽田や成田への空港連絡バスも出ていますし、都市間高速バスも運行しています。アクセス面の利便性というのは、指折りです。 町田駅周辺ではJR横浜線と小田急線が交差しており、大型商業施設なども多く見られます。市の中心街として大きなにぎわいを見せています。その沿線を中心に住宅地が広がっており、それぞれの駅の周辺には高層住宅なども見られます。こういった都会的なエリアと対照的なのが、丘陵がある北部です。昔ながらの景色が残っており、歴史ある古道なども見られます。 東京と内では東京23区、八王子市に次いで3番目の人口、市町村では2番目の人口となっており、ベッドタウンとしての色が濃かったのですが、最近では近郊型の文化都市、商業都市としての色も濃くなってきています。そのため、住宅地以外にも商業や工業、農業といった産業がバランスよく根付いており、町田・相模原首都圏業務核都市の指定も受けています。

東京都町田市の歴史

東京都町田市の歴史ですが、古くは縄文時代から人々が生活を営んでいたと言われています。遺跡や出土品もあり、奈良時代には国府の建造物のためこの地で屋根瓦が製造されていたこともわかっています。 鎌倉時代の初期の頃には、小山田氏や横山党がこの地を統治することとなります。鎌倉街道が整備されたことによって、人の行き来はもちろん、物の流通も盛んになっていきます。室町時代になると、この地は中先代の乱の舞台となります。戦国時代には、農地拡大のために農民が原野を開拓していきました。江戸時代の頃には、市域のほとんどが幕府直轄領となっていました。 明治元年には明治政府の直轄地となります。その後、神奈川県に移管されることとなります。明治22年には町村制施行によって町田村、鶴川村、忠生村、南村、堺村がそれぞれ成立することになります。明治26年には東京府へ移管され、その後、明治41年に現在のJR横浜線にあたる横浜鉄道が開通し、これによって往来が多くなります。大正2年には、町制施行によって町田村が町田町となります。 合併を経て、昭和33年の市制施行によって町田市が生まれました。その後、大規模な住宅の建設などによって人口が増え、昭和45年には人口が20万人を突破しました。駅の開業などを経て、平成17年には人口が40万人を超え、現在に至ります。

東京都町田市の観光

東京都町田市の観光面についてですが、町田市は全体的にのんびりと観光を楽しめる市と言えるでしょう。町田の中心市街地にある芝生広場である町田シバヒロ、ファミリーで楽しめる町田薬師池公園四季彩の杜 リス園、縄文・弥生時代の竪穴住居を復元した本町田遺跡公園などのさまざまな観光スポットに恵まれていますし、スポーツ観戦なども楽しむことができます。 意外に思われる方も多いでしょうが、町田市内では天然温泉なども楽しめます。観光の際のお土産物もかなり充実していて、まちだ名産品に認定されている蛸八の「とおりゃんせ」をはじめ、和菓子や洋菓子などおいしいものがたくさんあります。野菜市などもありますので、町田市の新鮮な野菜をお土産にすることもできるでしょう。いろいろな表情を見せてくれるからこそ、何日も滞在してじっくりとその魅力を味わっていきたい都市です。

トップ戻る