お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

東京都武蔵野市のトランクルーム一覧

東京都 - 武蔵野市

  • コンテナボックス
  • トランクルーム
  • バイクボックス
  • レンタル物置き
大幅値下げ+3か月30%OFF
3か月30%OFF ※+6か月以上の利用 ※事務手数料は値下げ前の賃料で算出
吉祥寺バイクボックス
吉祥寺バイクボックス
15,400円~18,000円
1.94畳
バイクボックス
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-37-6

東京都武蔵野市

東京都武蔵野市は、東京都の多摩エリアの東部に位置している市になります。市域は武蔵野台地にあり、市の名前の由来にもなっています。ここでは、そんな東京都武蔵野市についてご紹介していきたいと思います。

東京都武蔵野市とは

東京都といえばやはり東京23区が有名ですが、その東京23区へのアクセスに恵まれているのが武蔵野市になります。多摩エリアを構成するひとつの市で、多摩エリアの中でも中心的存在となっています。多摩エリアの東部に位置しています。東京都で見たときには、ほぼ中央に位置しており、横長の地形が特徴です。東京都の都市の中で、もっとも人口密度の高い市で、大きなにぎわいを見せています。
市域にはJR中央本線が通っており、これが市民にとっての主な交通手段になってくるでしょう。それぞれの駅によって、まったく違った表情を見せてくれるのも特徴的です。中でも、京王井の頭線と連絡している吉祥寺駅に関しては、その周辺に大型商業施設や文化施設、飲食店などが集まっており、一大商業圏を作り上げています。三鷹駅の周辺には、公共施設やスポーツ施設などが集まっています。武蔵境駅の周辺になると、今度は大学などの教育機関や医療施設などが見られるようになります。 それぞれの駅が個性を持ちながら、それに調和するような形で住宅街も広がっています。生活核都市として発展を続けています。市域の中央には鉄道がないため、不便に思われがちなのですが、その分、独自のコミュニティバスを走らせていますので、アクセス面で困ることはありません。 武蔵野市はアーティスティックな一面も持ち合わせており、武蔵野市を拠点としている音楽関係者や芸術関係者、アニメーション製作会社なども多く見られます。「芸術の都」と表現されることもあり、町おこしにも活用されています。他にも桜の名所として有名な井の頭恩賜公園もありますし、自宅を担保にした年金制度であるリバースモーゲッジや子育て支援など暮らしやすい都市としての進化を続けています。

東京都武蔵野市の歴史

東京都武蔵野市の歴史についてですが、遺跡や出土品などから縄文時代にはすでに集落があったことが明らかになっています。その市域が歴史の中で登場してくるのは、江戸時代からです。承応3年に玉川上水、元禄9年に千川上水が完成したことによって、新田開発が盛んになります。ただ、慶安3年や明暦4年には江戸で大火が起こり、それによって住民がこの地に移り住むようになります。ここから、吉祥寺村と西窪村が生まれ、さらにその後に関前村と境村が誕生しました。 明治元年には武蔵県に属するようになり、その翌年には品川県に移管されることとなります。明治22年には4つの村と飛び地が合併し、町村制施行によって武蔵野村が生まれることになります。その後、現在のJR中央本線にあたる甲武鉄道の開通などに伴って、人の行き来や物流が活性化していきます。明治26年には東京府に移管され、大正12年の関東大震災によって移住者が増えることとなります。
昭和3年には町村制施行によって武蔵野町が成立し、軍需産業が活性化していきます。その後、空襲による大きな被害を受けつつ、昭和22年の市制施行で武蔵野市が誕生します。最近では三鷹市と並び、新しい事業のモデル都市としても知られるようになり、新しい試みを積極的に取り入れています。そして、現在に至ります。

東京都武蔵野市の観光

東京都武蔵野市の観光面ですが、先でもお話ししましたように武蔵野市というのはさまざまな表情を持っている都市です。そのため、観光面でもさまざまなアプローチができます。あれこれあって決められないというときには、武蔵野散策ルートマップといったものを活用するといいでしょう。武蔵野吉祥七福神めぐり開運コース、戦争遺跡を訪ねる平和散策コース、井の頭公園と吉祥寺散策コースがあり、じっくりと武蔵野市を楽しむことができます。
数ある観光スポットの中でも特に押さえておきたいのがNTT技術史料館や井の頭自然文化園です。武蔵野市のお宝スポットとも言われているところです。特別なことをするというよりは、ブラブラしながら武蔵野市を身近に楽しむといった観光の仕方がいいのかもしれません。

トップ戻る