お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県中郡のトランクルーム一覧

神奈川県 - 中郡

  • コンテナボックス
  • トランクルーム
  • バイクボックス
  • レンタル物置き
一年半額!
一年間月額賃料半額 ※1年以上利用
大磯バイクボックス
大磯バイクボックス
12,000円
2.00畳
バイクボックス
中郡大磯町大磯1939-40
半年半額!
半年間月額賃料半額 ※1年以上利用
山西トランクルーム
山西トランクルーム
3,900円~17,280円
0.65畳~2.94畳
トランクルーム
中郡二宮町山西924-5

神奈川県中郡

中郡というのは、神奈川県を構成しているひとつの郡です。人口は50,000人以上となっており、大磯町と二宮町のふたつの町から構成されています。ここでは、そんな神奈川県中郡についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県中郡とは

まずは、中郡大磯町についてです。大磯町は、神奈川県の中央南部に位置しています。北は高麗山や鷹取山をはじめとした大磯地塊の丘陵地帯となっており、北と東は平塚市、西は二宮町と接しています。明治中期から昭和初期にかけては、政財界人など要人の別荘地として親しまれていました。伊藤博文や吉田茂の別荘地であったことは特に有名で、吉田茂の場合には首相辞任後、大磯に居住していたと言われています。そのため、吉田茂は「大磯」と呼ばれることもあったそうです。首都圏近郊にありながら、湘南の海や豊かな緑が感じられ、自然環境にはかなり恵まれています。伝統や文化の面でも恵まれており、住みやすい町として発展を続けています。 また、中郡二宮町は神奈川県の西南部に位置しています。東京からの距離は70kmほどで、東は大磯町、北は中井町、西は押切川を挟んで小田原市、南は相模湾に面しています。冬は暖かで夏は涼しいという理想的な気候で、新鮮な海の幸や山の幸を楽しめるようになっています。JR東海道線や高速道路によって、都心まで1時間ほどという利便性も魅力です。湘南の住宅地として発展を遂げています。最近では恵まれた環境を活かして、新しいまちづくりに取り組んでいるようです。 このように神奈川県中郡は、大磯町と二宮町から構成されています。大磯町は別荘地、二宮町は住宅地としての色が濃くなっているのですが、どちらも環境的にはとても恵まれているといえるでしょう。人が住みやすい理想的な観光と言えます。

神奈川県中郡の歴史

神奈川県中郡の歴史なのですが、戦国時代までさかのぼります。戦国時代に小田原を拠点に関東地方を支配していた後北条氏は、相模国を足柄地域の西郡、相模川以西の中郡、相模川以東の東郡、三浦半島の三浦郡に分けて統治していました。現在の中郡というのは、当時の中郡の南部にあたります。そこから歴史は明治時代まで飛び、明治29年には郡制の施行のため、大住郡・淘綾郡が合併して中郡が発足します。郡役所は大磯町に設置されます。ちょうど現在の町立図書館の敷地にあたります。この時点で、中郡は平塚町、須馬村、大野村、神田村、相川村、成瀬村、大田村、城島村、岡崎村、豊田村、金田村、小中村、土沢村、金目村、伊勢原町、高部屋村、大山町、比々多村、大根村、秦野町、東秦野村、西秦野村、南秦野村、北秦野村、大磯町、国府村、吾妻村、山背村の5町23村でした。しかしながら、この5町23村は時間の経過とともに変化していきます。この5町23村の中でさらに合併や町制の施行、市制の施行、離脱といったものが起こっていきます。そういった中で昭和10年には吾妻村が町制施行・改称して二宮町となり、昭和29年には伊勢原町・成瀬村・大田村・高部屋村・大山町・比々多村が合併し、改めて伊勢原町が発足し、大磯町・国府町が合併し、改めて大磯町が発足します。この時点で6町12村とかなり減っています。最終的には昭和46年に伊勢原町が市制施行して伊勢原市となり、郡から離脱したことによって、現在の中郡を構成している大磯町と二宮町の2町になりました。中郡の歴史というのは合併と離脱の歴史といっても過言ではありません。そして、現在に至るのです。

神奈川県中郡の観光

神奈川県中郡の観光ということなのですが、大磯町においては21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれている高麗山や新・日本街路樹100景のひとつである旧東海道松並木といったものが挙げられます。一方で、二宮町においては吾妻山公園が有名です。標高136.2mの頂上の展望台からは、相模湾はもちろんのこと、大島や伊豆、箱根、富士山、丹沢まで周囲360度の眺望を楽しむことができます。まさに絶景です。桜やツツジ、アジサイ、コスモスといった四季折々の花が観賞できるのも魅力になっています。特に1月から2月にかけての早咲きの菜の花というのは、大きな見どころになっています。他にも、ローラーすべり台などの遊具も設置されているため、気軽に楽しめる観光スポットといえるでしょう。

トップ戻る