お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

東京都江戸川区のトランクルーム一覧

東京都 - 江戸川区

  • コンテナボックス
  • トランクルーム
  • バイクボックス
  • レンタル物置き
期間限定! 賃料半額
江戸川駅前トランクルーム
江戸川駅前トランクルーム
7,000円~26,900円
0.87畳~3.63畳
トランクルーム
東京都江戸川区北小岩3-24-15 大栄江戸川ビル1階101号室

東京都江戸川区

江戸川区は東京都を構成しているひとつの区です。東京都の特別区のひとつで、東京23区の東部に位置しています。東京23区内では、もっとも東端にあります。ここでは、そんな東京都江戸川区についてご紹介していきたいと思います。

東京都江戸川区とは

江戸川区は、東京都のもっとも東に位置しており、千葉県に接していることでも知られています。有名な河川として荒川と江戸川がありますが、まさにこのふたつの河川に挟まれる形で、水と緑に恵まれた区となっています。面積は49平方キロメートルほどで、区として考えたときにもかなりの面積を誇ります。南北に細長い形となっているのも特徴です。JR総武線、京葉線、京成電鉄、都営地下鉄、東京メトロとかなりの路線があり、都心だけではなく千葉県へのアクセスにも優れています。高速バスも数多く運行しています。南部には有名な葛西臨海公園や葛西臨海水族園がありますし、すぐ東側にはさらに有名な東京ディズニーランドがあります。都心へのアクセスのよさや緑の多さからベッドタウンとしても知られている江戸川区なのですが、観光エリアとしても大きなにぎわいを見せています。江戸風鈴や江戸扇子などの江戸下町文化を伝える伝統工芸品も人気があります。

東京都江戸川区の歴史

江戸川区域に関する初見史料とされているのが、奈良時代の正倉院に残る「正倉院文書」です。その中にある「甲和(こうわ)里」という地名が現在の江戸川区域を指しているものと考えられています。江戸川区の中でも小岩エリアを指していると考えられており、当時は50戸ほどの郷里だったそうです。鎌倉時代に入る頃には、下総国の有力な豪族として勢いのあった千葉氏による支配を受けていました。室町時代に入ると、現在ウォーターフロントとして知られる葛西エリアにおいて江戸前の魚介類や海苔などが名産となっていたそうです。名産品があったこともあり、漁村として栄えていました。戦国時代には、相模国の戦国大名である後北条氏による支配を受けます。徳川家康が江戸に入府すると、江戸川区内のほとんどが幕府の直轄領となりました。実際に、江戸川区の地名などにも領地であった名残があります。ただ、その後、江戸川区域というのは、大型台風の直撃による甚大な被害を受けることになります。太平洋戦争でも平井・小松川地区で甚大な被害を受けることになり、つらい時期が続きます。明治21年に市制・町村制の公布によって小松川村、平井村、葛西村、松江村、船堀村、瑞穂村、一之江村、鹿本村、篠崎村、小岩村という10つの村が誕生し、合併や編入、統合などを経て、昭和7年に南葛飾郡小松川町、葛西村、松江町、瑞江村、鹿本村、篠崎村、小岩町の7つの町村が合併して現在の江戸川区となりました。昭和30年代からは着実な復興を遂げつつ、新幹線通過反対運動なども起こりました。昭和51年には江戸川区花火大会が開催されるようになり、これがきっかけで全国的に江戸川区が知られるようになりました。そして、現在に至ります。ちなみに、江戸川区の名前の由来というのはシンプルで、江戸川区を流れている江戸川に由来しています。

東京都江戸川区の観光

江戸川区の観光面ですが、さまざまなタイプの観光スポットに恵まれています。中でも高い人気を誇るのが地下鉄博物館です。もともと興味のない方でも思わず興味を持って見入ってしまうような魅力があります。地下鉄博物館以外であれば、葛西臨海水族園も有名です。水族館としてはもちろん、その建築美を楽しめるスポットでもあります。性別や年齢に関係なく楽しめるスポットとなっているのは大きいです。他にも、葛西臨海公園や江戸川区自然動物園、春花園BONSAI美術館、行船公園、タワーホール船堀といったところが挙げられます。どこにでもあるような観光スポットばかりではなく、江戸川区でしか見られないような観光スポットが多いのも特徴です。おいしいと評判の飲食店も多く、いろいろな観光スポットを巡りながらグルメも満喫することができるのではないでしょうか?ベッドタウンでありながら、観光面でもしっかりと魅せてくれるのが東京都江戸川区なのです。

トップ戻る