お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

ニュース

バイクボックスを利用して愛車を安全に収納!6つのメリットを解説

2018年12月20日

・バイクボックスを利用する6つのメリット
バイク用のレンタルスペースであるバイクボックスは、大事な愛車を安全に収納しておくのにぴったりのサービスとして近年人気を集めています。

バイクボックスを利用するとコストはかかりますが、それを補って余りあるメリットが満載です。ここではバイクボックスを利用するメリットを6つ紹介します。

・・メリット1.盗難防止に役立つ
自宅の敷地内やマンション・アパートに併設されている駐車場にバイクを保管しているという人も多いでしょう。

ただ、高価なバイクは窃盗のターゲットになる確率が高く、単に施錠しているだけでは盗難に遭ってしまう可能性があります。

警視庁がまとめた平成29年中のオートバイ盗の発生状況によると、盗難が発生した場所のうち「住宅」が57.3%を占めていることが明らかになっています。
次いで、19.1%を占めるのが「駐車場・駐輪場」。実に7割以上の人が日頃バイクを保管している場所で盗難に遭っていることがわかります。[注1]

一方、バイクボックスなら、収納スペース自体にしっかりとした鍵が備え付けられているのはもちろん、防犯カメラなどのセキュリティステムも完備されているので、盗難に遭うリスクを低減できます。

自宅や共同駐車場より安全にバイクを保管しておくことができるでしょう。

[注1]「オートバイ盗」の防犯対策/警視庁

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/guard/outobay.html

image600×450

・・メリット2.バイクのダメージを防げる
自宅ガレージや共同駐車場は青空駐車場になっているか、あるいは簡単な屋根だけというシンプルなものが多く、雨風が吹き込みやすい状態にあります。

せっかくきれいにメンテナンスしていても、ボディが野ざらしになっていたら汚れや傷がつきやすくなるほか、車体そのものが傷んでしまう原因になることも。

バイクボックスはひとつの個室スペースになっているので、雨風が吹き込む心配はなし。愛車をさまざまな外的ダメージから保護してくれます。

・・メリット3.余計なスペースを取らずに済む
バイクは大型のものになるとかなりのサイズになるため、自宅敷地内に置くとなるとそれなりのスペースを確保する必要があります。

敷地に十分な空きがあるのなら良いですが、そうでない場合はバイクを置くことで他の物が置けなくなったり、移動の邪魔になったりすることも。

バイクボックスに収納しておけばバイクの保管場所に悩むことはなくなり、スペースを有効活用できるようになります。

・・メリット4.バイク用品の収納にも使える
バイクボックスの内部には棚などが併設されていることが多く、バイク以外の小物も収納できます。

たとえばヘルメットや工具、タイヤなどのバイク用品を一緒に収納してもOK。これらの道具は自宅で保管しておくと意外とかさばるものなので、バイクと一緒に保管できれば一石二鳥です。

・・メリット5.24時間いつでも好きな時に出し入れできる

bikes

自宅や共同駐車場の場合、ガレージに照明がついていないことが多く、夜間や早朝の出し入れがしにくいという欠点があります。

バイクボックスなら照明設備が完備されているケースが多く、暗い中でもラクラク出し入れOK。

時間帯の制限もなく、24時間365日いつでも好きなタイミングで出し入れできるところもバイクボックスならではの魅力です。

・・メリット6.バイク収納のコストを節約できる
自宅にバイクを保管する場所がなく、近隣の月極駐車場と契約しているという人も多いかと思いますが、月々のコストが割高なのがネック。

駐車場の相場はエリアによって異なりますが、東京23区の場合、安いところでも2万円前後、高いところだとなんと5万円前後の料金がかかってしまいます。

それに対してバイクボックスの相場は1畳分のスペースなら月々1万円以下でレンタルできる物件も多いので、バイク収納のコストを節約できます。

最近はネットからの申込で手軽に利用できるものも増えてきたので、駐車場コストに悩んでいる人は積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

関連物件

トップ戻る
--------------