お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

ニュース

季節ごとにしか使用しない物の収納方法

2018年12月20日

「自宅に限られた収納スペースしかない」というのは、横浜が抱える大きな住宅事情のひとつです。そこで今回は、この問題を解消するために、自宅収納にどんな工夫をすればいいのか、それでも無理な時はどんな手を使えばいいのかを解説します。

・横浜ならではの季節ものアイテム収納の方法
季節ごとにしか使用しない物をきちんと収納するためには、当然のことながらある程度の収納スペースが必要となります。
ただ、人気エリアの横浜では、やはり物件売買価格や家賃相場は高め。その中でも、収納スペースが豊富な物件は価格や家賃がさらに高くなるため、多くの家では「収納が足りない」という状態になりがちです。

そんな住宅事情の中で季節ものの収納をするためには、次のような工夫が考えられます。たとえば、季節ものの収納を1ヶ所にまとめること。
おすすめなのは、クローゼット上部にある棚など、日頃はあまり使わないスペースを選ぶことです。
場所を決めたら、季節ものをジャンル別・イベント別に箱に入れて、収納スペースに積み重ねていきましょう。箱にはどんな荷物が入っているか分かるよう、その中身をマジックで書いておくことがポイントです。

中には床下収納ユニットを取り外して収納を行おうと考える人もいるようですが、この方法はメーカーでは原則禁止されているほか、床下の湿気や虫などによって荷物に被害が出る可能性もありますので、避けましょう。

・トランクルームを横浜で借りることもおすすめ
十分な収納スペースが確保しにくい横浜の住宅では、効果的な収納方法を実践しても、物が多すぎて難しいという場合もあるでしょう。
それなら、横浜でトランクルームを借り、そこに季節ものを預けておく方法がおすすめです。

季節ものだけでなく、断捨離のために、この先使わないかもしれない物や服などをトランクルームに一時的に収納しておくこともよいでしょう。
その際は、箱に収納日を記しておきます。そして、その日付から2年以上たっても、一度もトランクルームから持ち出さなかったものについては「不要なもの」と判断し、思い切って処分するとよいでしょう。

LOC000272-3.600x450

また、これから横浜で家を借りるという人は、トランクルームを優先に探し、季節ものをはじめとした荷物の預け先のあてを見つけた上で、物件探しを行うことをおすすめします。
そうしておけば、収納が多少物足りない物件も候補に入れられますので、収納豊富な物件に比べて家賃をぐっと抑えることも可能になります。

もちろんトランクルームの賃料は別途かかりますが、「収納が少なめの物件の家賃+トランクルームの賃料」のほうが、「収納豊富な物件の家賃」よりも安くつく可能性が高いです。

・・トランクルームを選ぶ際のポイント
トランクルームを横浜で選ぶ際のポイントは、
まず「荷物の搬入・搬出用の駐車場がある」
ということが大切です。
トランクルームに収納する荷物は手運びで何とかなる量ではないケースがほとんどなので、駐車場があることは必須条件といえます。
また、以下の点も確認しておきたいところです。

LOC000273-1.520x300

*窃盗などに備え、防犯カメラなどの防犯設備がある
*万が一盗難被害にあったときのための補償がある

横浜市では、平成29年の1年間で窃盗犯罪が14,105件も発生しているため、トランクルームのセキュリティレベルはかなり重要な要素です。賃料の安さだけを優先し、セキュリティ対策がまるでできていないトランクルームを選ぶことはおすすめできません。

・今の工夫で乗り切れない場合はトランクルームを検討する
季節ごとにしか使用しない物の収納は、自宅内の限られた収納スペースの使い方を工夫すれば、ある程度は対応できます。
しかし、そうした工夫を行っても限界を感じるのなら、トランクルームを借りて季節ものをそこに収納する、という割り切った考えを持つことをおすすめします。
トランクルーム選びの際は、駐車場やセキュリティ対策の有無もチェックしておきましょう。

関連物件

トップ戻る
--------------