お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

ニュース

趣味やコレクションの収納には、コンテナやトランクルームがおすすめ

2018年12月20日

趣味の道具やコレクションの品を収納するスペースがなく、困っている…そんな場合に便利なのがコンテナやトランクルームです。ここではコンテナやトランクルームについて、それぞれの特徴などを紹介していきます。

・コンテナは屋外型!開口部が広く大型の荷物も入れやすい

image600×450

コンテナとは、一般的に外置きタイプのコンテナボックスのことを指します。金属でできているためとても頑丈で、風雨の被害からもしっかり守ってくれるため安心です。

コンテナのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。
メリット
デメリット
料金が比較的安い
荷物の出し入れが自由
スペースが広く大きなものも収納できる
温度や湿度によるダメージを受けやすい

コンテナの場合は自由度が高い場合が多く、24時間いつでも荷物の出し入れができるところも多いです。そのため、急いで荷物を片づけたいときや急に必要になったときなどには、時間を気にせず出し入できるといったメリットがあります。
また、開口部も広く、目の前まで車の乗り入れができるコンテナが多いので、大きくて重い荷物でもラクラク収納することが可能。照明や固定階段が完備されている場合もあり、夜間に荷物を出し入れする際に便利です。

デメリットとしては、屋外型であるため温度や湿度の影響を受けやすいという点が挙げられます。
また、セキュリティ面で不安がある点も指摘されますが、防犯対策がしっかり行われているコンテナボックスもあります。防犯カメラが設置されているところもあるので、心配な方はそうしたコンテナボックスを利用するといいでしょう。

・トランクルーは屋内型!大切なものの保管にぴったり
トランクルームとは、屋内型の収納スペースを指します。ビルなどの建物の中に設置されているケースが一般的で、広さや種類はさまざまです。

トランクルームのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。
メリット
デメリット
セキュリティ面が安心
温度や湿度の変化が小さい
駅の近くなど通いやすい立地を選べる
料金が比較的高い

トランクルームのある建物内には関係者しか入れないようになっているところが多く、セキュリティ的な安心感があります。
湿気を嫌うものなど、大切な品を保管しておくのに適しています。
空調設備も備わっていますので、温度差や湿気を嫌うものでも安心して収納することが可能。
また、街なかのビルなど便利な場所にあるトランクルームも多いので、仕事帰りに気軽に立ち寄ることもできます。
居住スペースが狭くなりがちな都心部などでニーズが高まっており、マンションに住んでいる方を中心に人気となっています。

デメリットとしては、料金の高さが挙げられるでしょう。防犯設備や空調設備が整っているぶん、費用も多めにかかるケースが多くなります。

golf-3604741_640

・収納したいものの特徴に合わせてふさわしい収納先を選ぼう
では実際に荷物を預けるとなったら、どのような基準で収納先を選んだらいいでしょうか。

収納先の選び方として大切なポイントは、
「収納するのにふさわしい場所を選ぶ」
ということです。
たとえば、大切な楽器であれば湿気の少ないトランクルームに保管したほうが安心ですし、汚れの多いアウトドア用品であればコンテナにまとめて収納したほうが便利です。

コンテナには、上で説明したとおり
「料金が比較的安い」
「荷物の出し入れが自由」
「スペースが広く大きなものも収納できる」
というメリットがあります。
一方のトランクルームには
「セキュリティ面が安心」
「温度や湿度の変化が小さい」
「駅の近くなど通いやすい立地を選べる」
といったメリットがありますね。

このようなそれぞれの特徴を参考にしながら、預けたい物にふさわしい収納先を選びましょう。それぞれの用途や特性から考えていけば、適した環境も選びやすくなりますよ。

関連物件

トップ戻る
--------------