お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県大和市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 大和市

3ヶ月半額!
下鶴間バイクボックス
下鶴間バイクボックス
13,030円~13,500円
1.94畳~2.24畳
バイクボックス
神奈川県大和市下鶴間
3ヶ月半額!
西鶴間Part4 屋外型ミニトランクルーム
西鶴間Part4 屋外型ミニトランクルーム
4,580円~14,560円
0.70畳~2.40畳
バイクボックス レンタル物置き
神奈川県大和市西鶴間三丁目3092番25
半年半額!
上草柳 屋外型トランクルームPart2
上草柳 屋外型トランクルームPart2
13,500円~28,000円
2.70畳~8.00畳
コンテナボックス
神奈川県大和市上草柳
半年半額!
上草柳 屋外型トランクルーム
上草柳 屋外型トランクルーム
9,200円~28,000円
1.60畳~9.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県大和市上草柳
3か月半額!
上和田 屋外型トランクルーム
上和田 屋外型トランクルーム
3,800円~28,510円
1.50畳~8.00畳
コンテナボックス
神奈川県大和市上和田1024-1
3か月半額!
国道467号上和田 屋外型トランクルーム
国道467号上和田 屋外型トランクルーム
8,380円~36,140円
1.50畳~8.00畳
コンテナボックス バイクボックス
神奈川県大和市上和田1825-2
半年半額!
大和渋谷 屋外型ミニトランクルーム
大和渋谷 屋外型ミニトランクルーム
1,420円~14,460円
0.50畳~4.20畳
バイクボックス レンタル物置き
神奈川県大和市渋谷1丁目
下鶴間バイクボックス
(神奈川県大和市下鶴間)
西鶴間Part4 屋外型ミニトランクルーム
(神奈川県大和市西鶴間三丁目3092番25)
西鶴間Part2 屋外型トランクルーム
(神奈川県大和市西鶴間3-3092-27)
西鶴間バイクボックス
(神奈川県大和市西鶴間3丁目)
西鶴間 屋外型トランクルーム
(大和市西鶴間3-3092-20)
上草柳 屋外型トランクルーム
(神奈川県大和市上草柳)
上草柳 屋外型トランクルームPart2
(神奈川県大和市上草柳)
上和田 屋外型トランクルーム
(神奈川県大和市上和田1024-1)
国道467号上和田 屋外型トランクルーム
(神奈川県大和市上和田1825-2)
大和渋谷 屋外型ミニトランクルーム
(神奈川県大和市渋谷1丁目)
下和田 屋外型トランクルーム
(神奈川県大和市下和田96-1)

神奈川県大和市

神奈川県のほぼ中央に位置している大和市ですが、施行時特例市に指定されています。東京都特別区部への通勤率は15%ほど、横浜市内への通勤率は18%ほどとなっています。ここでは、そんな神奈川県大和市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県大和市とは

神奈川県大和市は、大和市内のどこからでも最寄りの駅が徒歩圏内というのが魅力になっています。アクセス面でも抜群なのですが、実際に大和市には小田急江ノ島線、東急田園都市線、相鉄本線が乗り入れています。最寄りの駅まで徒歩圏内ということもあって、本当にどこへ行くのにも便利です。国道16号線や246号線を幹線とした道路網も構築されていますし、東名高速道路横浜町田インターチェンジへのアクセスにも便利です。さらに、横浜、新宿、渋谷、海老名、江ノ島まで1時間以内の圏内にありますので、都市部へのアクセスがよいというのも魅力です。商業施設に関しては、電化製品のディスカウントショップやショッピングモールなどが多く見られます。生活に必要なものはすぐに揃えられると考えていいでしょう。大和市内のほぼ中央にある引地台公園は総合公園で温水プールや野外音楽堂、野球場があり、幅広い世代の方に親しまれています。国道246号を挟むようにある特別緑地保全地区である泉の森で、大規模な森林地帯となっています。敷地内にはバーベキュー場があり、バーベキューだけではなく生き物の観察や森林浴など自然の中での素晴らしい時間を過ごすことができます。地理的な面では、神奈川県のほぼ中央に位置しており、横浜や相模原など神奈川県内の6つの市と東京都町田市に隣接しています。南北が10キロメートルほどなのに対して東西が3キロメートルほどしかなく、細長い地形となっているのも特徴です。全体的に起伏の少ない平野部となっています。大和市全体としては、観光都市というよりは住宅都市としての色が濃くなっています。特に、大和市駅の北側にはかなりの住宅が密集しています。

神奈川県大和市の歴史

大和市域では旧石器時代の出土品などから古くより人が定住していたと考えられています。遠方の地域とも交流があったもとされています。弥生時代後期になると、水稲技術が用いられるようになり、それに伴って徐々に集落も増えていきました。奈良時代以降になると、大和市域は相模国に属するようになり、鎌倉時代には渋谷氏、室町時代には足利氏、戦国時代には北条氏による支配を受けることとなります。明治維新後には、村落行政がめまぐるしく変化することとなります。明治22年の町村制施行によって、鶴見村と渋谷村にまとまることになるのですが、鶴見村では合併に反対する声が多く出ました。明治24年には、神奈川県の調停もあって村名を「大きく和する」という意味を込めて、大和村と名付けることでひとまずはまとまります。大正末期から昭和初期にかけては、相模鉄道や小田急江ノ島線が開通することとなり、他のエリアとの交流が活発になります。これをきっかけに、都市として大きく発展を遂げていくことになります。昭和18年には大和村が大和町となり、その翌年には渋谷村が渋谷町となります。昭和34年にはこの両者が合併し、市制を施行し、現在の大和市が誕生することとなったのです。平成21年には市制50周年を迎え、健康都市宣言をおこなっています。そして、現在に至ります。

神奈川県大和市の観光

住宅都市としての色が濃い大和市なのですが、だからといって観光スポットがまったくないというわけではありません。例えば、相模国式内社のひとつである深見神社には、境内に大和市指定文化財の「なんじゃもんじゃの木」といったものがあります。他にも市指定有形文化財で子育てのうばさまとして信仰される「木造優婆尊尼像」が伝わっている蓮慶寺、市指定有形文化財の旧小川勝家住宅・旧北島忠義家住宅が公開されている郷土民家園、市指定有形文化財の旧小倉家住宅母屋・土蔵が公開されている下鶴間ふるさと館といったものもあります。先でも登場した泉の森や引地台公園、大和ゆとりの森といった自然を感じられるスポットも多く見られます。また、7月には東京高円寺阿波おどり・南越谷阿波踊りと並ぶ「関東三大阿波おどり」のひとつである神奈川大和阿波おどりも開催されます。住宅都市としての色が濃いだけで、観光面での魅力がまったくないわけではないのです。

トップ戻る