お電話でのお問い合わせは0120-53-4185

神奈川県茅ヶ崎市のトランクルーム一覧

神奈川県 - 茅ヶ崎市

  • コンテナボックス
  • トランクルーム
  • バイクボックス
  • レンタル物置き
半年半額!
半年間月額賃料半額 ※1年以上ご利用
湘南みずきトランクルーム
湘南みずきトランクルーム
7,200円~28,800円
1.30畳~9.00畳
コンテナボックス トランクルーム
茅ヶ崎市みずき2-10-15
4か月40%OFF
4か月40%OFF ※6か月以上の利用
香川Part3 屋外型トランクルーム
香川Part3 屋外型トランクルーム
17,000円~28,800円
5.00畳~8.00畳
コンテナボックス
茅ヶ崎市香川4-1037-4
賃料値下げ+半年半額!
賃料大幅値下げ+半年間月額賃料半額 ※1年以上利用、契約事務手数料は値下げ前の賃料で算出
茅ヶ崎萩園 屋外型トランクルーム
茅ヶ崎萩園 屋外型トランクルーム
5,980円~27,000円
1.60畳~8.00畳
コンテナボックス バイクボックス
茅ヶ崎市萩園字走内1270-105
賃料値下げ+半年半額!
賃料大幅値下げ+半年間月額賃料半額 ※1年以上利用 契約事務手数料は値下げ前の賃料で算出
浜竹トランクルーム
浜竹トランクルーム
5,800円~13,200円
1.10畳~1.94畳
バイクボックス レンタル物置き
茅ヶ崎市浜竹1-2998-1
賃料大幅値下げキャンペーン!
月額賃料大幅値下げキャンペーン ※利用期間の縛りなし 契約事務手数料は通常賃料から算出
今宿ミニトランクルーム
今宿ミニトランクルーム
3,590円~24,680円
0.80畳~6.50畳
トランクルーム
茅ヶ崎市今宿358
5か月50%OFF!!
5か月賃料半額(1年以上ご利用の場合に限ります)
松浪トランクルーム
松浪トランクルーム
4,100円~17,500円
0.42畳~2.36畳
トランクルーム
茅ヶ崎市松浪1-10-6
3か月半額!
3か月賃料半額(6か月以上ご利用の場合に限ります)
東海岸ミニトランクルーム
東海岸ミニトランクルーム
5,140円~19,540円
1.00畳~4.00畳
トランクルーム
茅ヶ崎市東海岸北2-3-4
半年半額!
半年間月額賃料半額 ※1年以上ご利用
柳島海岸バイクボックスPart2
柳島海岸バイクボックスPart2
12,960円
1.94畳
バイクボックス
茅ヶ崎市柳島2丁目1027番地
湘南みずきトランクルーム
(JR相模線 香川駅)
香川Part3 屋外型トランクルーム
(JR相模線 香川駅)
香川Part2 屋外型トランクルーム
(JR相模線 香川駅)
茅ヶ崎萩園 屋外型トランクルーム
(相模線 北茅ヶ崎駅)
辻堂 屋外型トランクルーム
(JR東海道本線 辻堂駅)
辻堂バイクボックス
(JR東海道本線 辻堂駅)
矢畑Part3 屋外型トランクルーム
(JR相模線 北茅ヶ崎駅)
矢畑Part2 屋外型トランクルーム
(JR相模線 北茅ヶ崎駅)
萩園 屋外型トランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)
浜竹トランクルーム
(JR東海道線 茅ヶ崎駅)
今宿ミニトランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)
本村バイクボックス
(JR茅ヶ崎駅)
松浪トランクルーム
(JR東海道線 辻堂駅)
下町屋 屋外型トランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)
浜之郷バイクボックス
(JR茅ヶ崎駅)
柳島 屋外型トランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)
東海岸ミニトランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)
柳島N 屋外型トランクルーム
(JR東海道線 茅ケ崎駅)
浜須賀 屋外型トランクルーム
(JR東海道線 辻堂駅)
柳島海岸バイクボックスPart2
(JR東海道線 茅ヶ崎駅)
柳島海岸 屋外型トランクルーム
(JR茅ヶ崎駅)

神奈川県茅ヶ崎市

茅ヶ崎市は神奈川県の中南部に位置している市です。相模湾に面した湘南エリアの中心に位置しており、施行時特例市でもあります。ちなみに、茅ヶ崎市という地名は、中世以来の郷名に由来しているそうです。ここでは、そんな神奈川県茅ヶ崎市についてご紹介していきたいと思います。

神奈川県茅ヶ崎市とは

神奈川県茅ヶ崎市といえば、マリンスポーツが盛ん、東京や横浜のベッドタウンというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?実際に、そういった傾向のある都市でもあります。茅ヶ崎市は神奈川県の中南部に位置し、東は藤沢市、北は寒川町、西は相模川を挟んで平塚市に接しています。北部の丘陵地帯から南部にかけては平地が開けており、さらにその南の相模湾に面した海岸線はなんと6キロメートルにも及びます。海岸線はご存知のように湘南エリアの中心地としてマリンスポーツやレジャーの人気スポットとしてにぎわっています。観光客の方もかなり多い傾向にあります。茅ヶ崎市の市街地は海岸近くにあるJR茅ケ崎駅周辺となっており、たくさんの商業施設が集まっています。一方で、北部になるとゴルフ場や大規模公園など自然を活かした施設が多く見られるようになります。海のイメージが強い茅ヶ崎市ではあるものの、市内には緑も多いのです。海も山も楽しめる都市と言えるでしょう。交通面に関しては、新湘南バイパスや国道1号線、国道134号線を幹線として東西のアクセス面に優れています。交通の便がいいからこそ、東京や横浜のベッドタウンとしても高い人気を誇っているのです。茅ヶ崎市の南部は相模湾に面しているのですが、これによって冬でも比較的温暖な気候となり過ごしやすくなっています。夏になると湘南海岸の海水浴場にたくさんの人が押しよせ、サーフィンやウィンドサーフィンなどのマリンスポーツが盛んになります。茅ヶ崎市内の海岸線からは、富士山をはじめ、江ノ島、伊豆大島、伊豆半島などの景色も楽しむことができます。観光都市としての色が濃いと言えるでしょう。

神奈川県茅ヶ崎市の歴史

茅ヶ崎市域の北部の丘陵地帯からは、数多くの遺物が見つかっています。そのため、先土器時代から多くの人々が茅ヶ崎市域で生活を営んでいたと考えられます。平安時代に入ると、茅ヶ崎市域は大庭氏によって南部の開発が進められることとなります。鎌倉時代には源氏による支配を受け、次いで北条氏による支配を受けました。相模川に橋が架けられたことがきっかけで、茅ヶ崎市域の南西部を中心に交通の要衝として劇的に発展していくことになります。室町時代から戦国時代にかけては北条氏の傘下に入り、江戸時代には旗本領と幕府直轄領として23もの村が形成されることになります。江戸時代中期になると、大岡越前守忠相の一族が領主となります。明治時代初期から中期にかけては、23の村が徐々に合併していき、茅ヶ崎町が誕生します。この頃、東海道本線の茅ヶ崎駅が開業するのですが、この茅ヶ崎駅の開業によって別荘地やリゾート地としての発展を遂げることになります。第二次世界大戦で甚大な被害を受けながらも、昭和22年には市制施行によって茅ヶ崎市となります。茅ヶ崎市の誕生から都市基盤整備が進んでいき、平成元年には小出村を編入し、現在の茅ヶ崎市となります。最近では、自然環境を活かした都市づくりというものが進められています。

神奈川県茅ヶ崎市の観光

神奈川県茅ヶ崎市は、観光都市としての色がかなり濃い傾向にあります。実際に、観光スポットもかなり多くなっています。国の史跡に指定されている旧相模川橋脚、神奈川県指定の史跡である堤貝塚、国の史跡に指定されている下寺尾官衙遺跡群、国の登録有形文化財となっている藤間家住宅主屋などが挙げられます。関東三大奇祭となっている浜降祭も神奈川県の無形民俗文化財に指定されています。サーフスポットにも恵まれており、「チサン」「チーパー」といった独特な呼び方をされているスポットがあります。ビギナーから始められるポイントが多い一方で、上級者向けのスポットもあります。自分のレベルに合ったスポット選びができるというのも茅ヶ崎市のサーフスポットにおける魅力と言えるのかもしれません。

トップ戻る