お家ラクラク収納術

捨てられないモノが多い方必見!片付けの極意

鉄道模型イメージ
  • 好きなアーテストやアイドルが居る
  • 好きなアニメがある
  • 好きな漫画、小説がある
  • 鉄道模型等のコレクション性の高い趣味がある

このように何かしらの「推し」「強いこだわり」がある、いわゆるオタクの方々にとって、片付けは頭の痛い問題です。

片づけ術そのものはちまたに溢れているものの、どれもなんかしっくりこない。「理屈はわかるけど、実際にできない、現実的でない」って思ったことある方多いのではないでしょうか。

それもそのはずです。だって世の中の片づけ術は「モノを減らすことで部屋をすっきりさせよう」というスタンスにたったものがほとんどだから。

昨今では「必要なモノだけを最小限にしか持たない」ミニマリストというライフスタイルも浸透してきました。もちろん、おしゃれでシンプルな、いわゆる「持たない生活」を実践できればそれに越したことはないでしょう。 家の中の広さも、大きな家に引っ越しでもしなければ、やがて限界が来るのは明らかですし、「今使わないものは捨てろ」というのが的を得ていることもわかってはいる。。。

……けれど、「今すぐは使わないけれど、とっておきたい」ものが数えきれないほどある、 たとえば、今処分したら二度と手に入らないであろう当時の番組を録画したビデオやDVD。大好きなコミックの初版本、初めてコミケで販売した同人誌、解散してしまったバンドの生写真の数々。 大好きなアーティストのツアー公演時の銀テープやペンライト、飾るわけじゃないけどとっておきたい推しのポスター。 ランダムだからお目当てのものが出るまでいっぱい買う羽目になった缶バッジ、大好きなアニメのetc……そんな、オタクじゃない人からすれば「なんでそんなものに執着するの?」と思われるような「宝物」が、部屋にたくさんある。

今回は、そんな捨てられないモノがたくさんあるあなたに勧めたい「片付けの極意」をご紹介させていただきます。

 

一般的な整理の流れ

「片付けの極意」の話に入る前に、まずは片付けの前段階である一般的な整理の流れをおさらいしておきます。

突然ですが、あなたの家の中のあらゆる引き出しや収納スペースの中身、しっかりと必要なモノと不要なモノが区別されているでしょうか。 恐らくほとんどの家では、必要なモノと不要なモノが混在しているのではないかと思います。

実はこの区別されてない状態というのが整理を進める上で非常に大きな障壁となることがあるのです。 例えば、家の引き出しをあけて整理しようとしたときに、まずは一個一個取り出して必要なモノか否かを判断した上で片付けを進めると思いますが、途中、「あ、こんなとこにあったんだ、懐かしい」などと思い出にふけってしまうと整理は中断。

片付くものも片付かずという状態に成りかねないことが多々あるからです。 従って整理を進める上で、不要なモノを取り除くことは必須条件となるわけです。

では、この必要なモノと不要なモノが混在している状況を打破するにはどうしたらよいのでしょうか。

一般的には以下のような方法がおススメとされています。 引き出しを例に説明すると、まず中身を全部出してしまいます。次に、使用頻度が高く、比較的よく使っているモノを右に、逆にほとんど使っていないモノを左にそれぞれ分けるだけです。最後に、右に分けたモノを引き出しに戻せば、片付けは完了です。
引き出しの中味の例

と簡単に書いてみましたが、実際、何かしらの「推し」や「強いこだわり」がある方にとっては、左に分けたモノ、すなわち使用頻度の高くないモノ=不要なモノではないことがほとんどでしょうし、もしくは全て使用頻度が高くよく使っているかのどちらかになると思います。 つまりこの方法では片付けの悩みを解決することは困難であると言わざるをえません。

 

そもそも片付かないのはなぜか?

悩む女性イメージ

モノが片付かない原因は大きく下記の3つに分類することができます。

原因①そもそもモノ自体が多すぎる

そもそも、みなさんはモノが増えてしまう要因をしっかり考えたことありますか? 実はそれにはいくつかのパターンがあることがわかってきています。

モノが溢れているイメージ
所有欲が強く働いてしまう

あなたには見栄を張ったり、「周りが持ってるから」や「流行っているから」というような理由で、本当に必要なものなのか深く考えもせずモノを買ってしまった経験ありませんか?

それ、人間が元々持っている所有欲が強く働いてしまったが故の行動かも。特に「流行っているから」という理由で買ったものは注意。

流行のものに価値があるとすれば、それは流行っている間だけで、思いの他ライフサイクルは短いものです。流行の終わったものって使うことほとんどありませんよね。
「限定」とか「オトク」に弱い

これをわかりやすく体現しているのが、デパート等でお正月に販売される福袋です。 毎年ズラズラとできる行列はもはやお正月の風物詩とも言えますよね。最近でこそ、中身の見えるものが増えつつありますが、基本は中身の見えない状態で買うのが福袋というもの。必要なものだけを買うというスタンスで考えたらナンセンスな買い方です。

それでも人々が福袋に列をなすのはなぜでしょうか。

答えは、「福袋の中身を買ってるはずが、例えば10万円相当のものを1万円で買えたという「お得感」を買っているから」に他なりません。

実際、福袋で買ったものってその後使ったりしてますか? 多くの場合箪笥の肥やしになっているのではないでしょうか。 福袋は買っただけで満足してしまう、典型的な無駄使い例なので気を付けるようにしましょう。

原因②モノがたまりやすい環境

皆さんは、「下駄箱の上がなぜかモノに溢れて散らかってしまう」

そんな経験ありませんか? 実はこれには人のとある習性が関係しているんです。

不思議なもので、人はその動線上かその近くに、踏み台に乗ったり、かがんだりすることなく出し入れしやすい高さのスペース(今回は下駄箱)があると、そこにダイレクトメールや折りたたみ傘など色々モノを置いてしまう習性があるんだそうです。

これを防ぐには、収納スペース以外の丁度よい高さのスペースには、観葉植物などを置いてわざと他のモノが置けないようにする工夫も有効です。

テーブルに荷物溢れるイメージ

また、テーブルが散らかりがちなのも同じような理由になります。丁度良い高さのテーブルを部屋の隅に置いた瞬間、テーブルは物置と化する恐れがあるのです。 テーブルを部屋に設置するなら、真ん中に置くのがベストです。なぜなら、真ん中にあると、その上にモノを置いてしまうと散らかり具合がとても目立ってしまうからです。

また、部屋の隅もモノが溜まりやすい場所と言われています。それは壁と同化してしまい、モノがいっぱい積まれていても気にならなくなるからです。 しかし気にならないからと言って、部屋の隅にモノが増え続けると、次第に部屋が狭く感じられるようになり圧迫感を感じるようになるでしょう。

原因③モノを捨てられない

モノを捨てられない場合にもいくつか要因があるので紹介します。

「モノには魂が宿る」などといった迷信を気にしている
捨てられないぬいぐるみ

「魂が宿る」モノとしてまず思い浮かぶのは、ぬいぐるみや人形です。

推しとか、本人の強い想いがあるものであれば別ですが、そうでなく単に捨てられない人形があるといった場合には、全国にある、ぬいぐるみや人形を供養してくれる寺社に相談してみるのも良いでしょう。
「壊れてない」から捨てられない

まだ使える家電製品などに多いです。電源を入れれば使えるから、使わないけど捨てられない。そういったパターンです。 中でもこれは特にパソコンに多いようです。とある調査では、自宅にある使われていないパソコンの台数が全国で数百万台に上るというデータもあります。まだ壊れていないしいつか使うかも。そんな思いで処分せずに置いておいても、おそらく使う日が来ることは ほとんどないでしょう。

「モノを大切にしないといけない」という躾の弊害

モノを大切にする精神は悪いことではありません。ただ、よく勘違いされがちなのですが、「モノを大切にする」と「モノを捨ててはいけない」はイコールではないんです。

モノには、それぞれ役割があります。 そしてモノにとって一番不幸なこと、それは、本来の役割を果たせないことに他なりません。 すなわち、ここで言う「モノを大切にしない」というのは、

モノを捨てることではなく、使わないことなのです。

とはいうものの、本来の役割を果たせないからと言って捨てるのはちょっと・・・っていう場合には、必要とする人に譲るというのも良い解決方法になります。

原因④モノの定位置が決まってない

当たり前ですが、モノが多い=散らかっているというわけではないですよね。 増えると嵩張るもの一例として本を考えてみてください。本を大量に収蔵しているのに図書館はきれいに整理整頓されていると思いませんか?

図書館イメージ

司書さんに聞けば、目的の本がどの棚のどの場所にあるか調べて教えてくれることでしょう。 これはよく勘違いされがちなんですが、整理整頓はただ単に見えないようにしまい込むことではありません。

図書館の本のように、必要な時にすぐ見つけられるように分類して、決まった位置に収納することが大切になります。 みなさんは、「持っているはずなんだけど、あれどこにしまったっけ?」ってなった経験はありませんか。 必要な時に、それがどこにあるか把握できていなければ、それは持っていても役に立たない死蔵品ということになります。

片付けの極意=効率的なモノの定位置を作り出す事

必要な時に必要なものを取り出せる、整理整頓された状態を目指す際に大切なことは、

「そのモノの活用率を考えて配置&収納」

を心がけることです。例えば貴方の趣味がアイドルのライブに参戦することだとしたら、ペンライトは机のペン立て、使用後のイベント限定サイリウムなどは収納ボックスに入れるといったルールを決めればいいのです。

ペンライトイメージ

モノというのは所有するだけでなく、必要な時にすぐに取り出せて使える状態にしておくことが必要不可欠というわけです。 「今すぐは使わないけれど、とっておきたい」ものが数えきれないほどある場合は、原因①【モノ自体が多すぎる】と原因②【モノがたまりやすい環境】、原因③【モノを捨てられない】を改善しようとしても、恐らく実践できることは既に実行しており、これ以上モノを減らすことはあまり現実的ではないかもしれません。

そこで今回お伝えしたい「片付けの極意」は、原因④【モノの定位置が決まってない】を改善することに重点を置いたものとなります。

言い換えると、効率的なモノの定位置を作り出すという方法です。

女性がワンポイントの合図をしているイメージ

収納スペースを作る方法としては、家の中に収納棚を作ったり、デットスペースを上手く活用する等、色々ありますが、これを読んでいる皆様は、既に家の中にそんなスペース的な余裕はなくなっている方がほとんどだと思います。

そこで今回提案したいのは、家の中ではなく外に収納スペースを新たに設けるというものです。

これは「家の中の収納スペースが足りないからモノを減らす」のではなく、「収納スペースが足りないのだったら家の外に増やせばいい」という逆転の発想に基づいています。

「家の外というと物置でも設置するの?うちマンション(アパート、借家) だからそんなことできないんだけど」 ご安心ください。そのような方も問題ないよう、家の敷地に物置などを設置するのではなく、家の敷地外に収納スペースを賃貸で借りればいいのです。

もう一つの物置【レンタル収納スペース】

え?物置って家の敷地に設置するものじゃないの?レンタルできるの?

そう思う方も多いと思いますので、今例をあげたレンタル物置をはじめとする、レンタル収納スペースについて概要を説明します。

実は、世の中にはレンタル収納スペースというサービスがあり、その発祥の地はアメリカ。

日本におけるレンタル収納スペースは、大きく分けて、気密性が高く丈夫な海上輸送コンテナを活用したコンテナタイプ、既存の建物の一部をパーテーションで区分けしたトランクルーム、一般家庭用より大型の物置きタイプの収納スペースであるレンタル物置、ハーレーなどの大型高級バイクの保管に最適な頑丈なバイクボックスがあります。 主に不動産事業者が運営しており、一般のマンションやアパート同様に賃貸契約を結んだうえで、収納スペースを貸し出す形となっております。 敷金礼金の有無、スタッフ常駐の有無、空調の有無などなど、トランクルーム事業者によってそのサービス形態や料金体系は様々です。

全国でレンタルコンテナ・トランクルームを多数運営しているマリンボックスでは、屋外型トランクルーム、屋内型トランクルーム、レンタル物置、バイクボックスといった、収納するものに応じた最適な収納スペースをご用意しています。

「推し」や「強いこだわり」のある方々が収納に困っているグッズ類をはじめとする、元々家の中で保管していたものを収納するのであれば、屋内型トランクルームがおすすめです。

屋内トランクルーム内観の一例

屋内型トランクルームは建物内をパーテーションで区切った造りであるため、各部屋の上部は吹き抜けになっていますので、完全密閉の屋外型トランクルームと比較して湿気は籠りにくくなっています。 それでも万全を期すため、マリンボックスの屋内型トランクルームなら全物件で換気設備完備が当たり前。 より家のクローゼットに近い環境で保管したいのであれば、空調付き物件も多くあります。

トランクルームで賢く美しく収納

当たり前ですが、トランクルームを借りただけでは片付けが完了するわけではありません。 マリンボックスのトランクルームでは、一部のボックスタイプのものを除いて全部屋高さ2メートルほどを確保しています。 高さ方向に余裕がある分、この空間をいかに効率よく使えるかが鍵となります。

ただ、詰め込むだけになるか、

必要なときに必要なものを取り出せる効率的な収納(今回お伝えしたい片付けの極意はこちら)

になるかが決まるわけです。

捨てることができない大切な推しグッズやこだわりの品々ですから、ただ収納スペース内に詰め込むのではなく、

見た目にも拘ったいわゆる魅せる収納(ショールーム的なもの)

を心がけたいものです。

動作/動線にかなった収納を心がける

モノを出し入れするのにも労力が必要です。当然、この労力はなるべくかけたくないものですよね。 そのためにも人の使いやすい高さや範囲を考慮することが必要です。

一般的に人がモノを出し入れしやすい位置というのは、目線から腰までの高さである「中段」とされています。その次が、腰から足下までの高さである「下段」です。そして最後が、収納するのに背伸びや踏み台が必要な高さである「上段」となります。

まとめると、人の使いやすい収納の高さというのは、「中段→下段→上段」の順

となるわけです。

モノを収納する高さは、身体的動作とモノの使用頻度を考慮して決めていくのが大切になります。

他にも、何か作業をしたいというときに、移動しないとその作業が終わらないのであれば、動線やモノの置き場を考え直す必要があります。

動線が短くなるようにするのはもちろんのこと、モノを取り出すまでの動作の回数も少なくなるようにするのが理想です。トランクルーム内に収納する際は、モノの使用頻度も考慮した上で、少ない回数で取り出せるように工夫していきましょう。
収納は定位置管理を心がける
定位置収納

収納する上で日頃から心がけなければいけないのは、モノを収める位置を決めたら必ず元の位置に戻すことです。 これを守らない限り、せっかく動作・動線、使用頻度を考慮しながら決めた位置も無駄になっていまうからです。

定位置管理でおススメなのは、ラベリングを活用することです。

限られたスペースのトランクルームの持つ収納力を最大限に活用するには、何がどこに入っているか一目でわかるように写真を撮ってラベルを張っておくことが大切です。

このとき、わざわざ開けなくても中身を見れるように半透明な収納ケースを使うのがポイントとなります。これは魅せる収納を意識する上でも有効な方法です。

トランクルームに収納するとき、荷物を段ボールに入れたまま積み上げて収納するのは、通販事業者などの在庫保管以外では避けた方が良いです。

というのも段ボールは、そもそもモノを長期保管するための素材ではありませんし、開けるまで中身を見ることができません。これは定位置管理をする上で、中身の把握も大切であることを考えると決して望ましくないからです。

マリンボックスの屋内型トランクルームなら
まりんちゃん式ショールーム収納

ハンガーポールや可動棚が設置されているお部屋も多いので、家の中に収納しきれない膨大な推しグッズの数々を収納する場合にも最適です。

室内を汚したり傷つけない範囲であれば、使い方も自由ですから見せる収納を意識すれば、屋内型トランクルームが自分だけのコレクションルームに早変わり。

実際にそういった使い方をしているお客様もいらっしゃいます。 コレクションルームを持ちたいけど、家族の手前なかなか実現できない。。そんな方にも是非、屋内型トランクルームの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください
0120-53-4185