お家ラクラク収納術

トランクルームの「認定」の意味、ご存知ですか

認定トランクタイトルイメージ

みなさんはお住いのエリアや、職場近くでトランクルームを探す際に、「認定トランクルーム」と呼ばれるものを目にしたことはありませんでしょうか。

「認定」と付くからには、トランクルームの中でも、国からお墨付きをもらった優良なトランクルームみたいなイメージを持たれる方が多いですが、実はこれ半分当たりで半分外れなんです。

そもそも認定トランクルームとは、倉庫業法に基づく倉庫の種類のひとつであるトランクルームの中で、一定の条件を満たし、国土交通省から認定を受けたもののことを指します。 一方のマリンボックスが運営しているトランクルームは、倉庫ではなくレンタル収納スペースに該当するため、似ているようで実は全くの別ものなんです。

今回は両者の具体的な違いについて紹介していこうと思います。

レンタル収納スペース型トランクルーム

レンタル収納スペース型トランクルームイメージ

街中で見かけるトランクルームは、あくまで利用者に貸すのは保管場所であり、利用者から荷物を預かる契約をしているわけではありません。
従って交わすのは賃貸契約となります。

運営しているのは不動産事業者であることが多いです。

一般的なトランクルームのメリット&デメリット

メリット
・商業施設内にテナントとして出店している場合を除き、24時間365日借主が自由に荷物の出し入れができるため利便性が高いです。
・料金面でも認定トランクルームよりも割安となっています。
・倉庫の一形態である認定トランクルームと比べて、出店区域に制限がないため、運営事業者も店舗数も多く、自宅の近所でも見つかりやすいです。
・既存のビルやマンション、アパートの一室を改装したタイプだと、見た目がお洒落で一見トランクルームには見えないものも多いです。
・空調付きのトランクルームであれば、家のクローゼットと同等の環境で荷物の保管ができます。
デメリット
・荷物に対する補償が付きませんので、あまり高価なものを保管するにはむいていないと言えます。

もちろん、トランクルーム事業者によっては、設備として各種セキュリティサービスに加入していたり、防犯カメラの設置や専用鍵による建物入口と契約した部屋の二重ロック、そして万が一の荷物の損害に対して保険をつけた契約で対策はしてくれています。しかしそれでも、保険による補償額に上限があったりと、絶対安心とは言い切れないないの実情なのです。

多くのトランクルームの利用規約にも、現金や証券類、貴金属、宝飾品は収納できない旨が書いてあるのはそのためです。

認定トランクルーム

認定トランクルームイメージ

ここで言う「トランクルーム」はレンタル収納スペースではなく、倉庫業法(平成14年施行)に則った保管設備を整えた倉庫の一形態のことです。

主に家財、美術骨董品、ピアノ、書籍など個人の財産を保管することを目的としており、利用者との間で締結するのは荷物を預かる契約(寄託契約)となります。

倉庫業法に基づく倉庫には、トランクルーム以外に下記のようなものがありますので、簡単に紹介していきます。

一類倉庫
倉庫の中で最も多くみられるタイプです。防水・防湿・遮断・耐火性能を備えた建屋構造で、日用品、繊維、紙&パルプ、電気機械などの幅広い物品を保管することができます。
二類倉庫
これも建屋型の倉庫の一つで、一類倉庫から耐火性能を省略した構造を持っています。 保管できる物品は、でん粉、塩、肥料、セメントなどが該当します。
三類倉庫
耐火性能に加え、防湿性能も省略された構造の建屋型倉庫です。 ガラス類、陶磁器、鉄材などの燃えにくく、湿気にも強い物品の保管に用いられます。
野積倉庫
野積(のづみ)倉庫とは、倉庫と名前がついていますが、建物はなく、柵や堀などに囲まれた区画の中に野積の状態で保管するというものです。 従って保管できるものは木材や、鉄鋼、石などの鉱物、自動車・れんが類など、雨風にさらされる屋外での保管に耐えうる物品のみとなります。
水面倉庫
水面倉庫とは、木材を海や川などの水面に浮かべて貯蔵・保管することを目的とした倉庫のことです。 木材は、陸上で保管すると乾燥して亀裂が入ることがあるため、それを防ぐために水面で浮かべて保管し、湿度を保っているというわけです。 施設基準は、水面であること、周囲を築堤などで囲い、木の流出を防止すること、照明装置をつけることなどがあります。
貯蔵槽倉庫
いわゆるサイロやタンクと呼ばれるものです。 袋や容器に入っていない小麦、大麦、トウモロコシなどのバラ状の貨物や、糖蜜などの液状貨物を保管することを目的とした倉庫になります。
危険品倉庫
消防法で指定されている、主に引火性や発火性があり、火災の原因になりうる物品を保管するための倉庫です。 保管する物品の種類に応じて、「消防法」、「高圧ガス保安法」、「液化石油ガスの確保及び取引の適正化に関する法律」などの、各種関連法規の規定を満たしている必要があります。
冷蔵倉庫
冷蔵倉庫とは、10℃以下の低温で、食肉、水産物、冷凍食品などを保管する倉庫のことを言います。 ちなみに温度が-20℃~10℃の倉庫をC級(チルド)、-20℃以下をF級(フローズン)と呼んでいます。

認定トランクルームの基準

基準イメージ
  • 1.保管場所、保管方法が明確である。
  • 2.下記のように一類倉庫と同等の保管性能を備えていること(倉庫業法施行規則21条)

    ・酒類その他の温度により変質しやすい物品を保管できる定温性能

    ・漆器類その他の温度により変質しやすい物品を保管できる定湿性能

    ・精密機械、楽器等の粉塵からの保護を必要とする物品を保管できる防塵性能

    ・絹製品、毛皮類その他の害虫による被害を受けやすい物品を保管できる防虫性能

    ・磁気テープ、磁気ディスクその他の磁気による影響を受けやすい物品を保管できる防磁性能

    ・上記のような特別な保管環境の必要がないと利用者から同意を得られた物品を保管する常温常湿性能

  • 3.トランクルーム内の保管方法の基準国土交通省が告示する「標準トランクルームサービス約款」か、これ以上に消費者に有利な内容の「トランクルーム寄託約款」に基づいた方法で荷物の保管管理が行われていること
  • 4.相談窓口がはっきりしており、担当者が常時いること。
  • 5.倉庫業認可を受けていること。

上記条件を満たした、倉庫業者が運営するトランクルーム(倉庫)だけが認定トランクルームを名乗ることができ、認定番号のついた「認定マーク」を付けて営業することができます。

認定トランクルームのメリット&デメリット

メリット
・保管場所を貸し出すレンタル収納スペースとは異なり、荷物を預かることが主体なので預ける荷物には保証がつきます。
・温度や湿度を一定に保つ必要があり、保管環境が重要なワインや楽器などでも適切な状態で保管・管理することができます。
・家財、美術骨董品、ピアノなど高価なものも保管可能です。
デメリット
・出し入れを担うのは預け主ではなく認定トランクルーム事業者であり、出し入れできる時間は営業時間内のみという制限がつくことがあります。
・施設内にスタッフが常駐する必要があるため、同じ広さのレンタル収納のトランクルームと比較すると料金が割高になってしまいます。
・業者によっては、荷物の出し入れの度に別途料金が発生する場合もあります。
・認定トランクルームはその条件が厳しいため、そもそも数が多くありません。

トランクルームの認定の有無による料金の違い

認定の有無と料金の違いイメージ
認定トランクルームの場合
認定トランクルームでは、荷物をコンテナやボックスに入れた上で、それを温度湿度管理がしっかりできる巨大な倉庫で有人管理するため、広さ辺りの料金が割高になります。

1.5畳のコンテナサイズで月額12,000円程度

その他、入庫料や出し入れの度に出庫料がかかるところもあります。

レンタル収納スペース型トランクルームの場合
不動産業者の運営する通常のトランクルームであれば、有人管理がない分、広さ辺りの料金は割安になります。

1.5畳のコンテナサイズで月額5,000円程度

いかがでしょうか。認定トランクルームとレンタル収納のトランクルーム、それぞれの特徴を紹介してきましたが、それぞれに良い点悪い点があります。

トランクルームを探すときは、「何を預けるのか」、「頻繁に出し入れする可能性があるか」等をしっかり明確にしたうえで、一人ひとりにあった、最善のトランクルームを見つけてみてくださいね。

お気軽にお問い合わせください
0120-53-4185