お家ラクラク収納術

引っ越しの荷物預かりにトランクルームは便利?ほかの預かりサービスと比較解説

 
引っ越しの際に、意外に頭を悩ませるのが荷物の一時保管ではないでしょうか。
「新居探しの間、どこかへ荷物を一時的に預けたい」
「退去日と入居日にズレがある。安く荷物を預けられる場所はない?」
など、一時保管サービスを必要とする人も少なくありません。  

そこで本記事では、引っ越しの荷物預かりに活用できる3種類の預かりサービスについて紹介していきます。
それぞれのサービスの特徴を把握し、自分に合った預かりサービスを探していきましょう。

 

引っ越しの荷物預かりサービスとは


引っ越しの荷物預かりサービスとは、業者が提供する倉庫などのスペースに、荷物を一時保管できるサービスです。
例えば以下の場合において、預かりサービスの利用を検討する方が増えています。  
・新居への入居日と旧居の退去日にズレがある
・リフォームや建て替えで、荷物を自宅に置いておけない
・1年ほど海外赴任することになり、今住んでいる賃貸を解約する必要がある  

荷物の一時保管サービスを利用したい場合は、主に以下の3タイプから選択することになります。  
・引っ越し業者
・宅配収納サービス
・トランクルーム  

それぞれのサービスの特徴を詳しくみていきましょう。  

引越し業者による預かりサービスの特徴


 
引っ越し業者のなかには、オプションとして荷物の一時保管サービスを提供している業者が存在します。  
引越し業者が提供する預かりサービスのメリットとしては、以下があげられます。  
メリット1:引っ越しと荷物保管で別々の業者を探す手間がない
メリット2:荷物運搬のプロなので、丁寧な搬出が期待できる
メリット3:家具や家電といった大きな物も大量に預けられる  

一方、デメリットは以下の3点です。  
デメリット1:引っ越しサービスの一環であるため、長期間の保管には対応していない
デメリット2:荷物の出し入れが自由にできない
デメリット3:空調設備などの整っていない倉庫で保管されることもあるため、デリケートな物品の保管には向いていない  

荷物預かりが可能な引っ越し業者

 
荷物一時保管サービスを提供する主な引越し業者とサービス内容は、以下の表をご参照ください。
なお、料金に関しては、引っ越しの見積り依頼時にあわせて問い合わせる必要があります。  
業者名 サービスの特徴
アート引越しサンタ― ・建て替えやリフォーム時の一時保管サービスを提供 ・荷物タイプに応じた保管が可能
クロネコヤマト ・海外赴任者向けの長期保管サービスを提供 ・一定の温度と湿度による保管サービスあり
サカイ引越センター ・建て替えやリフォーム時の一時保管サービスを提供
アーク引越センター ・段ボールやハンガーボックスの無償提供・貸与あり
 
引っ越し業者をすでに決めている場合は、荷物預かりが可能かどうか事前に問い合わせてみるとよいでしょう。  

宅配収納サービスの特徴



宅配収納サービスとは、一時保管したいものを自宅まで回収しに来てもらい、荷物を一定期間預けられるサービスのことです。宅配型トランクルームとも呼ばれています。  

宅配収納サービスのメリットは、次の通りです。  
メリット1:自宅にいながら荷物を預けられる
メリット2:スマホやPCで預け荷物を管理・確認できるので、管理に手間がかからない
メリット3:箱単位の料金なので、手頃な料金で利用できる  

主な宅配収納サービス業者と相場料金


宅配収納サービスの内容と料金は、以下の表をご参照ください。  
業者名 サービス内容 料金
サマリーポケット ・早朝や深夜帯での集荷にも対応(一部地域) ・スーツケースやスノボ器具などの大型荷物も預け入れ可能 ・保管料:1箱275円~ ・取り出し費用:1箱880円~
minikura ・洋服の預け入れに最適なクリーニングオプション ・ワインや美術品の専用倉庫も完備 ・保管料:1箱275円~ ・取り出し費用:1箱1,100円~
sharekura ・箱単位だけでなくスペース単位でも預け入れ可能 ・最安110円/箱で利用できる ・保管料:1箱110円~ ・取り出し費用:1箱1,100円~
宅トラ ・大手クロネコヤマトの安心宅配サービス ・小型から大型まで幅広い荷物の預け入れ可能 ・保管料:3箱1,628円~ ・取り出し費用:1箱1,650円~
 
梱包に使用する箱のサイズによって保管料が変わるため、詳細は各業者のサイトをチェックしてみましょう。  

トランクルーム業者の特徴



トランクルームとは、倉庫やコンテナなどを一定期間レンタルできるサービスです。大きく分けて、ビルの中に設けられたスペースに収納できる「屋内型」と、外に置いたコンテナに荷物を収納する「屋外型」の2種類があります。  

トランクルームのメリットは、次の3点です。  

メリット1:荷物の出し入れを自由に行なえる
メリット2:10帖以上の物件もあるため、大型荷物でも問題なく収納可能
メリット3:預けたい荷物によって保管環境を自分で選べる  

一方、デメリットは以下の3つです。  

デメリット1: 施設ごとに保管環境のバラつきがあるため、預けた荷物が劣化する可能性がある
デメリット2:自宅から遠いと出し入れが困難
デメリット3:業者と契約を交わすため、手続きの手間が発生する  

主なトランクルーム業者と相場料金

全国展開しているトランクルーム業者を数社ピックアップし、表にまとめたものが以下です。

 
業者名 サービス内容 料金
キュラーズ ・全国の主要都市に店舗があるため、都市部在住者におすすめ ・一部地域で「無料シャトルサービス」を提供 【四谷三丁目店】 ・1帖:14,630円~ ・3.3帖:54,340円~  
マリンボックス ・申込から利用までオンラインで完結可能 ・利用開始月の賃料が無料でお得 【落合南長崎店】 ・1帖:10,800円~ ・3.26帖:37,540円~  
ハローストレージ ・事前に収納シミュレーションがサイト上で可能 ・全国に9万室以上あるため、地方在住者でも利用しやすい 【渋谷駅前店】 ・1帖:18,700円~ ・3帖:50,900円~  
イナバボックス ・物置にピッキング対応キーを採用している為、セキュリティに高い安心感 ・耐久性や利便性に優れた「イナバ物置」が利用できる 【代々木2丁目店】 ・1帖:18,370円~ ・3帖:45,320円~  
 
トランクルームを利用する場合は、気になった業者のサイトを訪問し、利用したい地域やスペースの広さを選択すると該当物件の有無が検索できます。  

利用サービスの選び方


 

ここまで、「宅配業者」「宅配収納」「トランクルーム」の3タイプの荷物預かりサービスを紹介してきました。
別々に紹介してきたため、「結局、自分にはどれが合っているのだろう?」と疑問に思った方もいるかもしれません。  

3タイプのサービスの特徴をふまえ、どのような人がどのサービスに向いているのかを、下記の表でまとめました。  
業者タイプ おすすめの人
宅配業者 ・引っ越しの手間をできるだけ減らしたい方 ・大型荷物を一時保管しておきたい方
宅配収納サービス業者 ・スマホやパソコンで荷物を楽に管理したい方 ・荷物の出し入れが頻繁にならない方
トランクルーム業者 ・荷物を頻繁に出し入れしたい方 ・荷物に合った保管環境を自分で選びたい方

引っ越し時に荷物の一時保管を検討されている方は、上記の表を参考に自分に合ったサービス業者を探してみましょう。  

まとめ

 
本記事では、引っ越しや家のリフォームの際に荷物を一時保管できる「預かりサービス」について紹介してきました。  
荷物の一時預かりに活用できるサービスとしては、宅配業者、宅配収納サービス、トランクルームがあります。価格・保管期間・出し入れの自由度など、サービス形態によって特徴はさまざまなので、自分に合ったサービス選びが重要です。  
荷物の一時預かりサービスを賢く活用し、快適な引越しを実現しましょう。        

お気軽にお問い合わせください

0120-53-4185